2009年04月03日

予想どおりの内容 FALLOUT 3 Anchorage

例によって少し遅れましたが、FALLOUT3のダウンロードコンテンツ第一弾、Operation Anchorageをプレイしました。

なお、関連エントリーはこちら

内容はリンク先を確認してもらうとして、注意点を一つ。
これは、ダウンロードした後、普通にゲームを始めたりセーブデータをロードすると、自動的にクエストが追加される、と言う物になります。
具体的に言うと、マップを切り替えた段階で(恐らくどこにいても。私の場合、レイブン・ロックにいるデータでしたが、制御室を出たとたん)トリガーとなる無線が入り、自動的にクエストが始まります。

これが解らず、最初特殊なゲームの始め方が必要なのかと悩んでしまいました。


さて内容は、まあ発表された時の予想と懸念を全く裏切りません。単なる戦闘シミュレーターです。
しかも、アイテム持ち込み不可(バグ技除く)の上に拾えるアイテムはほとんど無く、代わりに弾薬・回復の無限利用可能ポイントが設置されます。(弾薬については、零のセーブポイントにおけるフィルム補給を思い浮かべて下さい)
つまり、FALLOUT3の魅力である、探索と弾薬・重量マネジメント、あるいは多様な解決手段と言った部分は、全て切捨てられています。あ、ラスボスを説得して自殺に追い込むことは出来ますが。

と言うわけで、やれることはただ一つ。思う存分、中国軍相手にドンパチをやって下さい。

さすがに全実績解除するところまでやった後だと、変わり映えのしない戦闘を延々五時間というのは疲れます。と言うか、別にメタルギアもどきがやりたいわけではないので。
新PERKもあるのですが、とるのが非常に面倒なので、途中からどうでも良くなってきます。手に入るアイテムも今更な代物ですし。

正直、これで約1500円と言うのは、あんまり割に合わないなあと。
もともとFALLOUT3は、遊び切る前に飽きが来る人海戦術のゲームデザインです。なので、ダウンロードコンテンツによるシナリオ追加とは、根本的に相性が良くないのだと思います。



関連エントリーはこちら

同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。