2009年05月05日

BALDR SKY プロテクト

2009-11-27 追記
このエントリーはDIVE1の時に書いたものですが、DIVE2でもそのまま有効みたいですよ。



BALDRSKY Dive1
BALDRSKY Dive1 "LostMemory"


って言う検索ワードが、バルドスカイ関係だと一番多いんです。

まあ、検索したくなる気持ちは分かりますが。

とりあえず、プロテクトはいつものALPHAROM3.2(DVD)だそうです。

誤爆を喰らって起動できないなら、公式ページに回避方法が書いてありますよ。

私の場合、PCソフトを買って来たら、起動より先に最新パッチとNOCD(DVD)パッチを叩き込むことにしてるので、最近この手のトラブルとは無縁ですが。

サーチエンジンに「ジャンゴ型」、とか入れればいいんじゃないですか?汎用パッチで、大体は済むもんです。

正直、ディスクレス起動不可は正規ユーザーの負担を増やすだけなので、本当にやめて欲しいです。
結局、コピーで手に入れるようなプレーヤーはNOCD/DVDパッチを手に入れるのも簡単ですから、被害と言うかコストをかぶるのは、正規ユーザーばかりになるわけで。

大体、DVDドライブが唸るのって、うるさいじゃないですか。ドライブの寿命も縮みますしね。
初代PS辺りに植え付けられたトラウマ(ドライブの唸りが異音に変わるあの瞬間……)は、同世代ユーザーの防衛本能を、恐ろしく高めたんじゃないかと。

最近だと、リトルバスターズ(無印)が酷かったですね。今時フルインストール不可にして、ディスク無しでは起動不能のスタイル。
これ、ネット上からイメージを落とした人間の方が快適に遊べるじゃないか、と嘆息したものです。

作品としては、ONEに次ぐ傑作と言う感想だっただけに、あれは本当に残念でした。

逆にCLANNADのように、インストールしてしまえばあとはディスクレス可の場合、コピープロテクトが正規ユーザーに迷惑をかける恐れは減るので、誠実と言えるでしょう。

まあ、CLANNADはディスク割りたくなったほど、嫌いなんですけどね……

作品の本質とは全く関係ない部分の話なので、仕方ないのですが。


追記:
なんか今更調べてみたら、リトルバスターズもバイナリ改変方式でディスクレス化できたんですね。
あー、当時は発売直後で、情報なかったんですよねえ。そもそも、KEYのゲームとは思えないほど、初動が鈍かった憶えもありますし。

バルドスカイ関連のエントリーはこちら




同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想

同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。