2009年04月30日

今更「パンツァードラグーン オルタ」

パンツァードラグーン オルタ Xbox プラチナコレクション
パンツァードラグーン オルタ

この前東京で買った、パンツァードラグーンの派生作品のAZEL パンツァードラグーンRPGをプレイしようとして、はたと気づきました。私は、パンツァードラグーンは1作目とオルタを、途中までやったことがあっただけだったのです。

と言うわけで、XBOXのソフトを久しぶりに引っ張り出し、オルタを360にセット。難易度がきつくて、ステージ6くらいで放り出していたのですよね。

さて、久しぶりにやってみてわかりましたが、このゲームは三つの形態を使い分けないと、話にならないのですね。

オルタにおいて、ドラゴンはボタン一つで違う姿に変身します。
形態は、従来どおりの青、当たり判定が大きく鈍重な赤、素早くやたらとマシンガンのカーソルが広いかわりにロックオンレーザーの使えない緑の三つ。

前にやった時には、とりあえず従来どおりの青だけで進めていたのですが、これは話にならないプレイスタイルだったようです。
確かに、経験値は万能クラスに集中されるのですが、そもそも使い分けが完全に決まっているのです。

まず、青は雑魚敵の掃討用。ロックオンレーザーの同時発射数が多く、ある程度の機動性もあるため、道中の基本形態になります。

赤は、ボスや大型敵の削り用。敵が隙を見せたら、素早くこの形態にチェンジしてロックオンレーザーを連打。レーザーの同時発射数が3の上、ボス相手の位置取りも出来ず、当たり判定も馬鹿みたいに大きいので、敵に動きがあったら即座に変身する必要があります。

そして緑は、敵弾迎撃用。
相変わらず敵の弾を「避ける」というのが難しい画面構成なので、敵弾を撃ち落とすのがキモになります。そこで、この馬鹿みたいに広いマシンガンカーソルの出番。とりあえず、敵弾が飛んでくる方にカーソルを合わせてボタンを押しっぱなしにしておけば、大体の弾幕は消滅します。

ただし、敵本体に初弾が飛んで行った場合、本体をずっと打ち続けて他の目標(つまり弾幕)を撃ってくれなくなるのが要注意。フルオートではなくセミオートくらいの感じで、適宜ボタンから指を離す必要があります。

後は、ひたすら憶えゲー。
バーサクの使いどころを含めて完全に頭に叩き込んではじめて、HPを十分残してクリア出来るようになります。
そもそも、ボスの行動パターンや雑魚、特にアイテムキャリアの出現パターンを憶えなければ、ゲームになりません。

そして、なんで当時最終的に投げ出したか、思い出しましたよ。

困ったことに、ライフはステージ間で完全回復しないのです。
前のステージで受けたダメージがある程度引き継がれるので、瀕死でステージを終えると、もうじり貧で話にならなくなります。
そして、記録は強制オートセーブなので、1ステージ失敗したらもうリカバリー不可。最初に戻るしかなくなります。

この仕様に今回もはめられて、ステージ6クリア段階でやる気がなくなりました。
無印XBOXは、360よりもマニア御用達ハードだったので、シューティングがこの難易度なのは解るのですが……
さすがに、ランクをイージーに落とすのはプライドにもとるので、頑張ってクリアを目指します。
おまけの資料集が段々と揃っていくのは、嬉しい限りですし。

……ところで、その資料集の中で、「アゼル」のネタバレを見事にやられてしまったんですが、どうしたものでしょうか?
まあ、今更と言えば今更ですが、シナリオや展開が素晴らしいと聞いてプレイしてみようと思い立っただけに、これは痛恨です。


同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。