2009年05月06日

FRONT MISSION の新作が出るわけですが

スクエニ公式サイトに謎のページが登場、フロントミッションの新作なのは明らか(はちま起稿)

少し古い話ですが、フロントミッションの新作が出るようで。

また、買おうか買うまいかの葛藤が始まるわけですね。
例によって、プロモーションのWEBページに代表される世界観・雰囲気は最高なんですよ!

そう、世界観や雰囲気は……

心から突っ込みたいのですが、このシリーズは何故、毎回毎回同じ事を繰り返すのでしょう?


フロントミッションシリーズは、一作目から一貫して素晴らしい世界を提示しています。
勿論、超大国がにらみ合う島だの世界規模のテロ組織だのの話は、極めて漫画的です。
ですが、ヴァンツァーの鉄の塊・メカメカしいデザインやミリタリーな雰囲気など、非常に渋い「世界」を作っているのです。
特に、毎回「それっぽさ」ではガングリフォンもアーマードコアも足元にも及ばないユーザーインターフェイスの凝り方には、溜息が出ます。

文字通り、画面の隅々まで、メカ魂が詰まっているのです。

ところが、なぜか毎回ゲーム性は最悪。
一般に、単純にバランスがへぼいと言うような程度なら、縛りプレイの材料になるので問題ありません。
デザイン優先でヴァンツァーを組めば苦しい、と言う程度なら、ロボ好き向けのゲームとして非常に正しいデザインでしょう。

しかし、毎回のひどさは、そう言うレベルではありません。
武器のバランスがどうこう、敵の配置がどうこう(これの酷さも相当なものですが)以前に、シミュレーションゲームになっていないのです。

一見して解ると思うのですが、毎回敵のルーチンが「範囲内に入ると動く」「一定ターンが経過すると動く」以外にありません。
しかもご丁寧に、ターン経過は必ず数ターンおきに設定されています。

結果どうなるかと言えば、どのステージも「数機ずつ寄ってくる敵を各個撃破」だけで終わってしまいます。
いえ、「終わってしまう」と言うか、それ以外の選択肢がないのです。

普通なら、一切動かない敵を排除するとか、護衛対象ユニットを作るとか、物凄い数で押し寄せてくる敵から逃げ回るとか、ステージにバリエーションを持たせます。
しかしこのシリーズ、その程度の事もしません。
護衛対象がいても、護衛対象を落とされる事がゲームオーバー条件になっていなかったり、敵陣地攻略なのに、敵が陣地から出て突っ込んできたり……

最新作などそれが特に酷く、後半のステージと前半のステージの違いは、「各個撃破の回数だけ」と言う有様でした。
つまり、序盤なら敵3個小隊を撃破する必要があるが、後半だと5個小隊とかそう言うレベル。
各個撃破の間隙で回復も完璧にできるため、完全な作業です。

その意味では、一番ゲーム的にマトモだったフロントミッションは、ガンハザード(リンク先はwikipedia)なんじゃないかと。

まあ、レベルシステムが色々な物をぶち壊していましたが、セルフ難易度調整システムと思えば何とかなるレベルでしたし。


後はまあシナリオなのですが、これは一作目が非常に良くできていたので、シリーズ全体としてはまだ希望が持てるレベルでしょうか。パンドラの箱最後の呪い、と言う意味かもしれませんが……

シナリオや世界観・キャラクターはセンスの問題なのでどうしようもないですが、SLGとしてまともにする、等というのは、単純にリソース投入量(時間と手間と金)で決まるはずです。

それを、毎回あのレベルで懲りずに出してくると言うのは、やる気があるのかと言いたくなってくるわけで。
幾ら世界観や雰囲気が最高でも、それだけならゲームである意味はないのですから。


と言うわけで、今回もしばらくは様子見。
でも、良い評判が少しでも聞こえてきたら、またノコノコと買ってしまうんでしょう。

本当、シナリオや戦闘システムを外注に出したとか言う話が聞こえてきたら、安心して買うことができるのですが。

現状、同社でまともなSLG開発の実績があるのはFFT系列のチーム(と、あえてこう言う言い方をしましょう)くらいなのですから、ここに担当させるのが一番良い気がするのですが。

あのチームが残骸程度でも残っているのか、と言う疑問は置いておいて、松野さんが居なくなったなら、使い方としては同社の弱いSLGの開発力の底上げに使うのが一番正しいだろうと思うのですが。



同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

この記事へのコメント
このシリーズはまあ大河原康夫原作の漫画辺りが一番面白いのかも知れませんね。

個人的にはFAが良かったイメージがありますが、何をやっているのか自分でも解らないうちに進んでいたような気もします。
Posted by アフリカのグラナダ神 at 2009年05月07日 09:30
オルタナティブは、店頭で見る画像が例によって凄かったんですが、人がやって居るのを見てショボンと言う……
後、当時ゲーム批評でボロクソにけなされていたのを見て、やらなかったんです。

何というか、システムが凝っていてもスタンダードでも、両方ともクオリティに等しく問題が出るって言うのは、ある意味凄いですよね。
テストプレイ・修正期間をマトモに取るだけで大化けするだろうに、勿体ないです。
Posted by snow-windsnow-wind at 2009年05月07日 22:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。