2009年06月13日

相変わらず偉そうな…… かぐやとJAXA

かぐやの撮った映像が、JAXAのWEBページで公開されています。

http://www.jaxa.jp/video/index_j.html

さすがに批判に応え、HD映像で公開していますね。

ですが、相変わらず右下に、邪魔くさいロゴが入っています。



このロゴが、素材として使われる時に如何に邪魔くさいかは、こう言うできの良い二次利用物件を見ると、一目瞭然でしょう。

また、転載条件についてサイトポリシーとやらを見てみると、割と酷いことが含まれています。

重要なのはこの2箇所。

>
>本サイトに掲載されている全てのテキスト、図版、画像、音声、映像等などを使用し、以下の利用を行うことはいかなる理由によっても一切禁止させていただいております。
>
> * 特定の個人や団体・組織の活動を応援・推奨・誹謗・中傷するための利用
> * 公序良俗に反する目的・態様による利用
> * JAXA事業や日本の宇宙航空研究開発事業に誤解を与えるような利用
> * JAXA の組織イメージや信用度を著しく低下させる可能性のある利用、特定の個人や組織の権利を侵害する恐れのある利用(本サイトに掲載された成果(学術研究論文を含む)について、あたかも個人の成果と偽ったり、又は同様な誤解を与えるように扱う行為も、これに含まれますのでご注意ください)


>(データの改変)
>テキスト、図版、画像、音声、映像等を改変してのご利用は、クレジットを表示するための作業を除き、一切禁止いたします。改変とは、図版、画像、音声、映像等のトリミング(例えば、縦横の比率を変更することや画像の一部を切り取ること、原作のイメージを著しく損なうはめ込み行為等)や、色を変更・反転させること等の行為も含まれます。



上はまあ大部分マトモですが、特定組織の応援がダメとなると、打ち上げた三菱やJAXAそのものの成果を提示し、声援を送るのも不可になりますね。
宇宙航空研究開発事業に誤解を与えるような利用、などと言うのはもっとストレートに問題。これでは、JAXAの成果を提示して日本の宇宙開発に批判を加えることができなくなってしまいます。と言うか、著作権法上批判や批評のための引用は当たり前に認められるので、こんな無意味な禁止規定を置いている意味がわかりません。

そして、最低なのは下。写真に丸を付けて強調を付けたり、映像に詩を重ねて動画を作るような事も禁止になっています。縦横比の変更や切り取っての拡大など、良くも悪くも当たり前の利用手法ですよね。
例えば、月面に人口構造物が見える!などと言う与太話をする人間は、間違いなくこれを行います。それに反論する側もしかり。ですが、そう言う与太話をする権利は誰にでもありますし、そもそも与太話でない可能性というのもあるわけです。そのために、検証作業用の画像「改変」は、当たり前に行われねばならないわけで……


と言うかですね、根本的な問題があります。
これは、税金で打ち上げた宇宙機に、国民から義務として徴集した受信料で作ったカメラが積まれることによって、撮影された映像です。著作権を国民に対して主張し、その利用を制限するなど、はっきり言ってあってはならない筈です。むしろ、積極的に国民に利用してもらう事こそ、真の社会還元でしょう。
サイトポリシーに入っている肖像権の問題などは当然別としても、国民に対して「著作権」を主張する権利など、そもそも認めてはならないはずです。これらは、国民の財産であって、一機関・一放送局の資産などではないのですから。


ちなみに、金食い虫と毎回罵られながら宇宙開発をしてきたNASAは、この手の情報公開には本当に熱心です。なぜなら、国民が利用できる有用な情報をばらまくと言う事は、自分たちの存在意義・国民から金を集める大義名分を証明するための、重要な広報活動になるからです。

その辺のポリシーは、NASAのサイト下部に細かく大量の宣言が並んでいますので、一度見てみると良いと思います。


英語が苦手なヒトのためのNASAハンドブック サイトの使い方から宇宙・航空機関連の貴重な画像の探し方まで (サイエンス・アイ新書)
英語が苦手なヒトのためのNASAハンドブック サイトの使い方から宇宙・航空機関連の貴重な画像の探し方まで (サイエンス・アイ新書)


ちなみに、たかがWEBサイト一つ見るために、解説本まで存在したり。
実際、大量の情報が公開されているので、こう言うものを片手に見てみるだけでも、かなり楽しめるかもしれません。

「NASA IN YOUR LIFE」の必死さに涙。まあ、基本に税金を投入してもらうために、出資者ならぬ国民相手のプレゼンなわけです。
親方日の丸という意識とは対極なわけで、そりゃあ覚悟も違います。(勿論、これはこれで問題も含んでいるわけですが)




同じカテゴリー(宇宙)の記事
 ガガーリンの伝記「Starman」 感想 (2011-07-31 18:00)
 異星文明由来らしい信号が、検知されていた件 (2010-10-24 22:00)
 デンマークの最小構成有人ロケット (2010-08-31 22:00)
 はやぶさを殺しかかったのは誰か? 読売新聞の与太記事 (2010-06-14 23:45)
 「超合金」って名前はどうかと思うけど アポロ11&サターンV (2009-10-21 22:00)
 記事が意味不明になる時 有人ロケット計画 (2009-09-30 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。