2009年06月18日

big brother is watching you!

チラシの裏(3周目)さん経由。

ドサクサに紛れて、また警察が事業拡大を目指しているようです。

性犯罪抑止へ 情報収集を指示(NHKニュース)


既に、治安悪化詐欺によるやりたい放題がありますから、はいはい、パーキンソンパーキンソン、などと笑っている訳にもいきません。(リンクは、前者がAMAZON、後者がWIKIPEDIA)


>性犯罪は被害者の心身に深い傷を残す犯罪で、先制・予防的な活動が求められている

警察の仕事は事後処理であって、予防はあくまでもオマケです。「まだ犯罪を犯していない人間」に手を出すようになったら、それは既に警察ではありません。
「まだ裁判にかけられたわけでもない人間」を勾留し放題な野蛮国の組織は、理解していないかもしれませんが。

それにしても、先制的って……
七都市物語やブッシュ・ザ・クルセイダーじゃないんですから。
あと、その活動を「求め」ているのは、仕事と権限と予算を三位一体で増やしたい、あなた方ですよね?


>対策チームの設置から2か月間でわいせつな言動が確認された不審な人物を監視するなどして203人を検挙

ほうほう、一般市民をストーキングですか。
こう言うのは、「何人を監視した結果か」「罪名は何か」が重要だと思うのですが。前者はともかく、後者はまさか、「公務執行妨害」とか「迷惑防止条例違反」とか「軽犯罪法違反」じゃないですよね?


そもそも、怪しい奴を監視するのは当然ですか?
ですが、「声かけ事例」とやらの大部分は、子どもに挨拶したとか注意したとか、そう言うもんなんですが?「子どもを一人にしたら誘拐されて危ない」とか注意したおじさんが、脅迫罪で逮捕されたなんて事件もありましたよね?(元記事は既に消えているので、転載サイトへのリンク)

独り言を言いながら歩いている障害者が「不審者」として通報されるとか、いくらでもありますから。それどころか、解った上で利用されて未解決事件の犯人に仕立て上げられたりね……

また、ずっと警官に監視されてて、検挙の口実を与えない人間などまず居ません。
路上で、ポリスメンに囲まれて「任意」の協力を拒否した時の運命を考えれば、すぐに解るでしょう。

と言うか、「つきまとい」だと通報されると、警官につきまとわれるわけですか。何のギャグでしょう?


確かにストーカーは恐ろしいでしょう。「被害者」は「安心」するでしょう。
しかし、桶川ストーカー殺人事件の「教訓」が、犯罪「認知件数」の激増 → 体感治安の悪化 → 警察予算・権限の膨張という、見事なマッチポンプを作り上げたことを忘れてはなりません。

この国は、私たちの社会は、世界で有数の安全・快適さを誇っているのです。
それで「安心できない」とわめく人たちは、要するにパラノイアですから、防犯グッズを買いあさるなりトランキライザーを処方するなりすれば良いのです。

「怖い」や「気持ち悪い」は、脅迫を行いでもしない限り、警察が介入する理由にはなりません。
むしろこうやって、法律に違反したわけでもない存在を、不安や不快感を理由として国家の力で除去していく事こそが、本当に恐ろしい。

ここのところの動きを見ていると、この国を北の世襲制共産主義国か、もっと北の全体主義国家みたいにしたいのかと思えてきます。


累犯障害者 (新潮文庫)累犯障害者 (新潮文庫) これが、皆さんの恐れる「不審者」の正体です。犯罪不安社会 誰もが「不審者」? (光文社新書)犯罪不安社会 誰もが「不審者」? (光文社新書)こちらは、定番を通り越して常識になりつつある指摘。



それにしても、

>性犯罪は被害者の心身に深い傷を残す

と言っておいて、被害者救済の話が全く出てこない辺り、児童ポルノ問題と全く同じ構図で反吐が出ます。
どう見ても、彼らは救うべき被害者を、自分たちの目的達成の口実としか見ていません。これこそ、女性や子どもを救わず利用するだけの、セカンドレイプそのものではないのですか?


タグ :社会警察

同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。