2009年06月25日

早狩武志の新作発表

僕と、僕らの夏や、グリペンもとい群青の空を越えて、最近だと小説ですがハーフボイルド・ワンダーガールで有名な、早狩武志氏の新作が発表されました。(リンク先は全てAMAZON)

しゃんぐりらすまーと OFFICIAL Web Site

「恋ではなく」と言う題名どおり、かなりシックな雰囲気の作品ですね。
公開されているフラッシュでは、幼馴染の関係がクローズアップされていることからも、「僕と、僕らの夏」の路線だと思います。

正直、グリペンは好きですが「群青の空を越えて」は色々キツかったので、この流れの作品は大歓迎。「僕と、僕らの夏」は、ドリカスワゴン漁りツアーで引き当てた時の感動が忘れられません。これがワゴンに入ってるのは間違ってる!と叫んだものです。

過去に過ごした時間、取り返せない幸福とボタンの掛け違いは氏の作品で繰り返し語られるテーマですから、期待して待ちたいと思います。


「僕と、僕らの夏」が見事だったのは、取り戻せない過去の幸せを丹念に描写した上で、きちんとそこからの再出発を描ききった事にあります。幼馴染の多人数関係(要するに仲良しグループ)を描く作品は多くありますが、解消と再出発という描き方で一番納得のいく描写でした。

ちなみに、これとは真逆のアプローチを行い、結果としてアンチ・ギャルゲーを描ききったのがKeyのリトルバスターズですが、これについてはコンシューマ版が発売された時に、感想と一緒に書こうと思います。


……ところで、これも当然例の規制に引っかかってくるわけですよね?
写真部とか映研って、大学生の活動になると就職が視野に入ってきたりで嫌な生臭さがつきまといます。だから、青春劇としては高校を舞台にするのが王道なわけですが、変な表現制限が来るときついはず。

何というか、馬鹿馬鹿しくて溜息が出てきますよね。
好きな会社/クリエイターの新作には期待と不安がつきまとうものですが、不安の内容がいつもとは異質。
会社の都合でもライターの体調でもなく、訳のわからない「自主規制」で内容が歪むんじゃないかと不安に思わなくちゃならないなんて。


P.S.
ファン面してますが、ナルキスのEP3は未プレイです。EP2までで、おなかいっぱいだったので……
人を殺して感動させるのは普通の手法で、それ自体は否定されるべきじゃないと思いますが、ちょっとあざとすぎてギブアップでした。


僕と、僕らの夏 完全版
僕と、僕らの夏 完全版

これは、本当に良いゲームなのです。地味で、華がなくて、淡々とした描写しかないのに、とても素晴らしい物語なのです。後、古くささと懐かしさと切なさに溢れた音楽は出色。
こんなクソ高いもの買えるかというなら、DREAMCAST版であれば、千円切るのです。あるいは、完全版でなければ二千円程度。内容はほとんど変わりません。

ちなみに、もっと詳しい感想はこちらのサイトさんに色々書いてあります。興味が出たら参考にどうぞ。




同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。