2009年06月30日

児童ポルノ関連雑記

反応なども出そろってきたので、いくつか指摘しておきたいことと、理論武装の参考になりそうな本とか。


1,「党の話に持って行くのはおかしい」論者は死んで良い

「民主党だって所持罪で同じような事をやろうとしてる」とか、「社民や共産はそもそも規制派」とか、挙げ句の果てには「自民の危険な候補だけ落とせば」とか言ってる連中が居るんわけですが。まあ、関係者が素知らぬ顔で書いてるのでなければ、ただの馬鹿でしょう。

まず、○○党だって云々と言う話ですが、理想的な「オタクの考えを完璧に受け止めてくれる党」が存在するとでも?そもそもまず、「オタク」が何を指すか定義する必要がありますが。

現実の政治なんですから、「一番マシ」なところを選ぶのは当たり前です。
先日の中継(ここの左側から、6/26を選び、法務委員会を選択。javascriptのため直リン不能につき)を見て、この問題で自民党の方が民主や社民よりマシだというなら、何も言いませんが。

勿論、自民党内の慎重派である早川議員を応援したり、民主党の悪性腫瘍とでも言うべき小宮山議員を落とすのは、非常に重要でしょう。
しかし、この法案は既に自民党・公明党として推進することが決定している法案です。何とか総選挙まで成立を阻止できたとして、政権交代がなければそのまま通るのは当たり前。旗振り役の一部が居なくなったくらいで、動き出した「組織」が止まる、などと甘いことを考えるのはやめましょう。


2,「どうせ大した事にならないよ」論者は、単に想像力がないだけだから相手するだけ無駄

あのビデオであれだけ滅茶苦茶なことを与党がまくし立てている中、危機感を感じられない人は放っておきましょう。
こう言う人達は、結局自分が逮捕される瞬間まで「大した事」と認識しないのですから。


3,マスコミが総スルーだけど、働きかける価値はある

アグネス撮ったら帰っちゃったという話が出てたりしますが、逆を言うと大手新聞各社はあの電波答弁を見ていないから危機感がない、と解釈することもできるわけです。
例えば東京新聞などは過去に慎重論に立って特集記事を出したりしていますし、購読している新聞に「取り上げないんですか?」と問い合わせてみるのも、決して無駄ではないでしょう。

例えば既にJ-CASTニュースは、↓こんなバナーをトップに用意して、慎重論を提示しています。
宮沢りえのヘアヌード写真集 17歳で撮影なら児童ポルノ?

同記事内で日本雑誌協会は、完全に単純所持禁止反対の立場から意見を出すと言っていたりもします。そもそもサンタフェは朝日出版社から出ていた物ですから、朝日新聞に「あなたのところの芸術写真集がポルノ呼ばわりで焚書しろと言われているんですが」と言うような意見を送る意味も、きっとあるはずです。

結局のところ政治家もマスコミも人気商売です。ある意見が一定の深さ広さで存在する事を見せつけられたら、無視することはそうそうできません。
ですから、間違っても糾弾する口調ではなく、「前の記事の後追いは取り上げてくれないんですか?」「こう言う意見もあると思うんですが」と、購読者の立場で言うことは非常に有効です。この辺、購買者の立場から、販売サイトに抗議を行うのが有効になるのと一緒です。

もっと言えば、ネットで慎重論を掲載した新聞の話が出たら、その号をキオスクで買う位の事は、当然すべきではないかと思います。売り上げ・完売率に現われれば、それこそ無視し得ない事になりますから。


4,「国家を信頼する」などと言ってる人は、北朝鮮か中国へどうぞ

近代国家と言うのは、「国家を信用しない」ところか出発しています。
信頼して任せるだけで良いのなら、王様に全て任せておけばいい。けれど、それでは上手くいかないので、国民の代表が議会を作って政府を監視し、ついでに議会・多数派というのも必ずしも信用できないから、憲法を作って原則だけは変えられなくなる、と言うスタイルです。

まあ、そこまで堅い話をしなくても、下に並べた本でも見れば、「信頼」の一言で済ませることなど不可能だと解るでしょう。


5,以下、色々と参考資料

幼稚園バス運転手は幼女を殺したか
幼稚園バス運転手は幼女を殺したか

足利事件が再審になる前の段階で、冤罪事件だと指摘した本。このような状態が指摘されながら、死刑判決が出てしまったと言うことを噛みしめて下さい。
無実の罪で逮捕された時、司法システムはあなたを助けてくれません。



それでもボクはやってない
それでもボクはやってない

お約束ですが、刑事裁判と言えばこの映画。
痴漢なら電車に乗らないという手もあるかもしれませんが、(都会じゃその対策は不可能ですけどね)「児童ポルノ」を避ける方法はありません。



Santa Fe 宮沢りえ
Santa Fe 宮沢りえ

これはオマケ。宮沢りえは当時17歳と10ヶ月。法案が通ったら、廃棄しないと逮捕されると議員様がはっきり仰ってますので、購入は自己責任で。ちなみに、既に国会図書館では閲覧停止になっており、法案が通った暁には国民が「これを規制するのは適当なのか」を判断する方法はなくなります。



医学者は公害事件で何をしてきたのか
医学者は公害事件で何をしてきたのか

最後に、少し変わった本としてこれ。
葉梨議員の言っている「とりあえず研究してみて」の危うさを理解するために、是非目を通して頂きたいです。
内容は、水俣病に関する「研究」が、如何に恣意的に行われてきたかという事を淡々と記したもの。
科学(疫学)を完全に無視した、国と企業を免罪するためだけの「研究」に携わったのが、専門家でも何でも無い人間であったこと。しかも、その結果できあがった「研究」結果は諸外国の常識をことごとく無視しているにもかかわらず、「水俣病の権威」として国内だけ(!)で通用していると言うこと。(なんと、彼らは海外に論文を一切発表していないのです)
そう言った、政府が結論ありきで始める「研究」が、どのような事態を招くかを知る上で、これ以上に率直な内容のものは無いと思います。




とにかくですね、システムがおおむね正常に運営されることを期待するのは当然ですが、警察には前科が多すぎます。
また、現実正常に運営されていたとしても、それはいつ逸脱するか解らない物であるという認識は、絶対に必要です。

「今正常に動いている」事は、新しい何かを付け加えたあとも正常に動くことを保証しません。
いわんや、既にガタガタになっているものを、さらに暴走させるような部品を加えるなど、問題外です。

そして、繰り返しますが、そのガタガタ状態を修正するための捜査過程可視化法案は、与党の拒否で審議入りできていないのです!

どうか、鬱憤晴らしにネットで書き込みをするだけではなく、簡潔な内容で良いので、自分が関係している所に働きかけを行って下さい。
よろしくお願いします。



表現規制関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。