2009年07月10日

もはや淡々と 「ふたつのスピカ」 実写版 第4話 感想

ふたつのスピカ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
ふたつのスピカ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

今回のメインだった桐生君の話は、↑の巻収録。結構重要なエピソードなわけですが……


前話までの感想はこちら


なんかもう、色々と面倒くさいので、徒然なるままに適当に印象に残った部分について、淡々と感想を書いていきたいと思います。

相変わらず、佐野先生以外は棒読みですね。
その佐野先生も今回で去ってしまったので、もうどうしようもなくなりやしないでしょうか?

マリカの決意表明とか、肝心な所が噛み噛みです。そこだけで撮り直しましょうよ。
拝島飛行士は、もうああ言うマシーンだと思って聞かなかったことにしてますが。


他に細かい(って、細かくない)点として、夏休み寸前なのに何故か全員長袖姿というのは、突っ込み待ちでしょうか?百歩譲って制服は長袖が義務と思うとしても、府中野君は自前のパーカーですしねえ。

桐生の心変わりは、原作でも説得力があやふやでしたが、ドラマはそれ以上。結局、前回間接的にアスミの生い立ちを聞いただけですよね?

トモロウが変な風に改変され、情けない親父になっているのは前々から指摘してますが、今回もそれは継続。なんであの寡黙で格好良い親父さんを、こんな情けないヘタレにしちまいますか?

それにしても、ほぼ原作通りのシーンである、府中野がアスミを連れ出すシーンの寒さはどうでしょう?府中野に真情を吐露させたのは上手い改変だと思いますが、(原作と異なり、アスミが全く魅力的に描かれていないため、違和感が残ってしまいますが)演技の下手くそさからか、正に「安っぽい青春ドラマ」にしか見えません。
かと言って、原作から変えた部分(間に合わないアスミ)はもっと酷いことになっているので、単純にスタッフの実力が不足してると言う事でしょう。

そして、ラスト。原作ではたった一人、アスミが佐野先生の真意に気づいて声をかけるシーン。何ですか、あのずらっと並んだ五人が青年の主張、みたいな稚拙極まる演出は?
最後に初めて微笑みを返して去る悲しい演出が、何やらダラダラと台詞を連ねるどうしようもない内容に。
原作の良さを活かす気がないなら、中学生日記でも撮ってれば良いと思うのです。

ついでに、原作にはない心変わり×2によって、一番良く描けていた府中野君もキャラクターが滅茶苦茶になってるんですが、何がしたかったのやら。


あ、ちなみに、期待していた佐野先生VSマリカの母のシーンは、下らない感情論VS権威主義という、最悪の内容でした。あのシーンにおける佐野先生の怒りは、本来自分の怒りであって、多くの犠牲者がどうこうと言う、誰かの威を借りる物ではあり得ないのですが。マリカの母も、あれじゃただの馬鹿で偉そうな無能政治家でしかありませんし。

あーあ。



他の回の感想を含む、ふたつのスピカ関連エントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。