2009年07月13日

都議選の結果 手放しでは喜べない

都議選の結果が確定しました。
目玉としては、民主の大勝と自民の激減です。

一方で、以下の二点に注目する必要があります。

・公明党が現状維持を通り越し、議席を増やした
・共産・市民ネットの半減


そして、結論はこうなります。

・弱い敵は激減。しかし、強い味方も減った
・強い敵は不動。味方は激増したが、どれも弱い

・故に、手放しで喜ぶことはできない。

強い・弱いは、表現規制に対するスタンスです。勿論、相対論ですよ
自民党は、勿論表現規制派なのですが、公明党のような宗教政党の方が危険なのは、言うまでもないでしょう。


以下各論。

とにかく、複数選出型の選挙制にもかかわらず、寡占化が進んでいるのが気になりますね。
また、本来組織票の多い(組織票しかない)公明が、投票率10ポイント以上の上昇にも関わらず、盤石の強さを見せつけたたことを軽視すべきではありません。

都議選では、国政選挙のような自民・公明間の票交換はほぼありません。つまり、支持者の数がストレートに出るのですが、公明の強さは洒落にならないレベルです。各区の得票状況を見れば一目瞭然ですが、ほぼ全ての選挙区で、全く危なげなく当選を決めています。
って言うか、候補者全員当選してるんですよ!

同じ宗教系である幸福実現党の得票と比べた時、その浸透度はすさまじいものがあると解りますね。

そして、躍進した民主党と言う政党が足元の定まらない党なのは、色々な騒ぎで良くわかっていると思います。特に表現の自由に関しては、土屋たかゆきみたいな危険人物がいますしね。(性教育訴訟に冠するエントリーはこちら。今回も、板橋で当選してます)
ああ言う連中は、いざ国政で第一党を取ったら、公明との連立を主張するくらい平気でやりますよ。

勿論、党として推進にひた走る自民党よりマシなのは、繰り返したとおり。
ですが、総選挙の行方を占う都議選という意味では、手放しで喜べる結果ではありません。


とりあえず、この流れで国会の審議が止まってくれれば目の前の危機は去ります。ですから、まずは喜びましょう。
一方、長期的に見ると、予断は許されません。


とりあえず、来るべき次の総選挙で、「表現規制での態度が許せない」と言う意思表示をした上で、自民党以外に投票するのが絶対条件。

後は、自民党が敗北した後に、いかに貢献度をアピールできるかでしょうね。
もっともこちらは、ロビー経路を持っている人達の仕事になります。ただ、補給物資である「事前の意思表示」つまり手紙やメールを出したり、「選挙の結果」を用意するのは、我々有権者の仕事です。

パッとしない話ですが、政治活動というのは本来そう言うものですから。
爆弾片手に検問ににじり寄るような「政治活動」一択の状況でないことを感謝して、選挙を待ちましょう。



表現規制関連エントリーはこちら




同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。