2009年07月19日

児ポ法改正阻止の立役者、保坂議員の出馬が決まりました

露骨に政治的な話になります。

児童ポルノ法の審議において、民主党の枝野議員と共に最も多大な貢献をしてくれた保坂議員は、東京8区(杉並区)からの出馬となりました。
また、共産党を除く野党各党からの推薦も受けています。


>社民党は保坂のぶとを杉並区(東京8区)で公認決定しました!
>民主党・国民新党・東京・生活者ネットワークが推薦決定しました!



保坂議員のWEBページ


つまり、杉並区では、保坂議員と自民党候補の一騎打ちとなります。
しかし、ここまで統一戦線をくめたなら、共産党はせめて候補者を立てないでもらいたいですよね……

比例区では大いに頑張ってもらいたいですが、何しろこの選挙区は石原伸晃の鉄板地盤です。
あれだけ失政を重ねながら勢いの衰えない都知事の威光もあって、全野党が合流してギリギリ戦えるかどうかと言うレベルです。

WIKIPEDIAの、同区歴代選挙結果


同区居住の方は、必ず投票に行って下さい。

保坂議員が国会に残れるかどうかは、今後も続く表現への自由を巡る論争において、勝敗を分ける重要な鍵になるでしょう。例の審議を見て頂けた方なら、それが良くわかると思います。

また、東京比例区での名簿第一位もほぼ確定しているようなので、東京在住の方は比例区は、必ず社民党と書いて下さい。(復活当選の目が出てきます)

と言うか、比例区が本命です。勿論、一番当選可能性のある野党候補として、杉並区での投票は当然。しかし、上記のように当選可能性が高いとは、言い難いのです。

社民党の東京比例区は、「頑張れば当選できる可能性がある」と言うレベルです。都議選の結果を見ても、社民党の得票は非常に限られることが解るでしょう。そして比例区では、当然選挙協力はあり得ないのです。

そもそも、現在持っている保坂議員の一議席は、選挙制度の事故みたいな形で転がり込んだもの。本来なら保坂議員は、得票数がわずかに足りず落選していたはずでした。(詳細は、当時の記事が残っていますのでどうぞ

投票用紙に「社民党」と書くことに抵抗がある方は多いでしょうが、これは実質「保坂展人」と書くのと同じです。

皮肉な話ですが、奇跡でも起きない限りは、社民党の議席枠が2まで伸びることはあり得ません。保坂候補への投票と割り切って、必ず記入して下さい。

また、逆説的ですが、この状況は、あなたの投票を非常に意味のあるものにします。
自民や民主などへの投票では、十万票単位が誤差扱いです。逆に幸福実現等のような泡沫政党の場合は、完全な死に票にしかなりません。

しかし、死に体でありながら一議席獲得の目も十分に残されている社民党への投票において、あなたの一票は恐ろしく重い物になります。大体、東京全体でほんの三万票も増えれば、議席は鉄板になるでしょう。

そして、そんな形で議席を獲得した党は、この問題に関して絶対に我々を裏切れなくなります。
特に社民党は、消費税反対や安保反対と言った、支持者にアピールし続けてきた基幹戦略を捨てた事で、現状の少数党と化しています。支持者を裏切ることの怖さは、骨身にしみていると言って良いでしょう。

何より、ここで保坂議員が落選したりすれば、議会に対して「児童ポルノ法への反対は票にならない」「ネット上で騒いでいる連中は、所詮口だけで投票に行かないし、数も多くない」と宣言するに等しくなります。
あるいは、もっと酷く「児童ポルノ法に反対すると選挙に勝てない」と。(保坂・枝野議員の票が激減したりすれば、当然そう評価されるでしょう)そうなれば、もう次回以降の国会で、反対してくれる議員は居なくなります。

とにかく、この問題で注目を浴びた議員の当落は、強く注目されていると思って下さい。「児童ポルノ法に対する態度が、有権者からどう評価されるか」の、リトマス試験紙となるのですから。

ですから、繰り返しますが、東京都で選挙権を行使する人は、比例区ではできる限り社民党に投票して下さい。
杉並区で選挙権を行使する人は、必ず保坂議員に投票して下さい。

また、その他の選挙区でも、規制反対派議員がいればその人に、そうでなければ規制賛成派でない野党議員に投票して下さい。

規制反対派議員リスト
規制推進派議員リスト

共にチラシの裏(3週目)さんより


ここが正念場です。
我々の政治的な力・「敵に回して良い連中かどうか」が判断されるのは、選挙結果以外あり得ないのですから。気を引き締めて、不在者投票制度なども使い、必ず選挙権を行使して下さい。

お願いします、とは言いません。あなたがこの問題を重要な事だと思うなら、人にお願いされて行動を左右するような事ではないと、もう解っているはずですから。


ところで、解散が変な時期になってしまったおかげで、どうも私は東京で選挙権を行使することになりそうです。

一ヶ月~の東京滞在中に選挙になってしまうので、北海道での不在者投票も不可。住民票を移さざるを得ないのです。

ちなみに、一応説明しておきますが、これは公明党がやって居るとされる、実態を伴わない移動とは話が違うので、誤解無きよう。その間生活の本拠は東京に移っているので、住民基本台帳法上「やらなくてはならない」移動です。

まあ、こんな事情でもなければ、多くの人がそうしているとおり、動かさずに放置する所なわけですが……

8/4追記
実際にこんなタイミングで住民票を移したことがないので知らなかったのですが、この場合投票用紙は新住所に送られるものの、投票権は前住地になるんですね。
勿論それだけのために戻るなど不可能なので、不在者投票制度を使わざるを得ないようです。
うーん、「国政選挙は地方選挙と違って三ヶ月継続居住条項はない」と憶えていたのですが、実務上の選挙人登録名簿作成を理由に、こうなってるみたいですね。
それって、法律の委任範囲をぶっ飛ばしてませんか?

住民票移動による票管理を防ぐためかもしれませんが、わざわざ不在者投票をしなきゃならないし、凄く面倒ですよね。一番重要な基本的人権なのですがねえ……



自由からの逃走 新版
自由からの逃走

投票したい政党がない、この中から選べなんて拷問だ、などと言う人にお勧め。
「自由」は非常に面倒くさく、時に苦しいものです。だから、人間は自由から逃げ出したい、絶対的な誰かが「きちんと」物事を決めてくれる事を求めてしまう。
それは確かに楽ですが、そう言う「自由からの逃走」が何を生み出すかは歴史が示しているわけで。



表現規制関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

この記事へのコメント
「我々」からすれば、この数年ぶりの投票機会に社民に票をくれてやるなどありえないところです・・・本来は。
都議選の、まさに杉並の結果を知っておいでですか?
死闘でした!共産が決まったのは都議会全議員の中でも最後から二人目ぐらい。共産は性質上強敵公明とかち合うことが多いので、他党と協力などしている場合ではないのですが。比例区ならなおさら。

選挙区は協力します。
・・・比例は、「我々」にしても生命線です。社民が貸した分返してくれるとは
思えませんが、少し考えてみます。
Posted by インテリペリ at 2009年07月22日 23:56
支持政党が鉄板で決まっている方は、それで良いんではないかと思います。
ただ、比例区での投票が実質保坂議員への投票である事だけは、頭の隅に置いておいていただけるとありがたいです。

いや実際、保坂議員は勿論、反対派である共産の議席が減るのも致命傷になりかねないので、困った物なんですよね。

普段選挙に行かない人や、今まで二大政党に投票していた人が、どれだけ保坂議員に入れてくれるのかなあ。
まあ今回の結果で、オタク層の票と言うのが割とはっきり出てくると思う(元が弱小候補で票数偏差の少ない保坂議員・社民党がサンプルになる)ので、他人事なら純粋に興味深いんですけどね。
Posted by snow-windsnow-wind at 2009年07月23日 00:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。