2009年07月21日

毎日新聞から中立の記事

児童ポルノ法関連については、なぜか産経新聞が目立ち、リベラル各紙がろくな記事を出さないと言う状況でした。ですが、少しずつ変わりつつあるようです。


児童ポルノ禁止法:改正案の課題 与党と民主、異なる「単純所持」定義 (毎日新聞)


ちなみに、東京新聞は今回の騒動が始まる前から慎重派の記事が多く載ったりしてますが、残念なことに地方紙ですので…… (一例として、この記事

それにしても、私は携帯でWEBを見るのは寒気がするほど嫌いなので、東京新聞さんは記事全文をネットで読めるようにして欲しいです。有料サービスで構わないので。
この北の島では、購読のしようがないんですよ。郵送購読もありますが、送料がかかる上に遅れるので、新聞の意味がなくなるんです。


閑話休題、上記の記事は与党案の問題点を列挙し、民主案を推す内容になっています。まあ、言論機関が与党案に賛成するという今までの構図自体が、あり得ない話だったわけですが。

やはり、多くの問題点指摘がされ、実際に法案が流れたことで、マスコミの論調も変わりつつあるのでしょう。
変節漢、などと言ってはいけません。抗議や警告と言った多くの声によって、社内の慎重派が力を得たと言う事です。


そもそも、保坂議員が書いているように、文責者である「臺宏士」(たい・ひろし、って読むんでしょうか?)記者は、表現の自由については今までも同系統の記事を書いてきています。
(サイト内検索すると、出てくる記事リストはこちら

ざっと読む限り、国や企業による表現の自由への介入に対し、警鐘を鳴らす内容が多いようです。
一方、グーグル関連の記事に見られるように、大手マスコミの記者としての限界も見える感じ。
まあ、著作権については彼らのご飯の種ですので、ああ言う論調以外あり得ないでしょうが。

そう言う記者に記事を書く機会が回された(あるいは、書くことを許された)と言う事は、我々の勝利を意味します。
そして、少なくとも状況に鑑みて与党の危険性と反対派の正当性を認めるだけの自浄能力を、彼らが残していることの証明でもあります。

この調子で追随するマスコミが出てきてくれれば、一気に流れが変わる可能性もあります。
バックにいる団体が最も得意とする、感情論による宣伝攻勢が回らなくなってしまうのですから。

だから、他のろくでもない記事を出しているマスコミについても、罵倒ではなく期待と共に見守りましょう。「何故もっときちんとした記事を書いてくれないのか?多くの情報を集められる彼らなら、十分できるはずだ」と言った具合に。

意見を送る時、「○○と言う事実も取り上げた方が良いのではないでしょうか?」「やや一面的で残念です」「××と言う側面もあり、懸念を感じます」と言った穏やかな指摘・意見のフォーマットが推奨されるのは、相手に話を聞いてもらうためなわけで。
(だから、最初から話を聞く気のない、例えば聖教新聞などには、意見を送るだけ無駄でしょう)

まとめると、以下の通り。

・風が吹きつつありますよ
・でも、所詮我々は弱小勢力ですよ
・だから、「敵か味方か」みたいな態度は禁物ですよ
・引き続き下手に出て、意見を聞いてもらって、味方してくれそうな所を地道に開拓していきましょう

となります。
だから、お願いですから、どっかで良く見る「変態新聞が日和っただけ」「そんな事で見直すわけねえだろ」、みたいな態度はやめて下さいね!


以下、単なる附記。

「普段不良の奴が、ちょっといい事すると褒め称えられるのは何故か」という命題がありますが、その答えは簡単です。
褒め称えないと、その不良は更生しないからです。
同じ褒めるなら、普段からいい事をする人間よりも、普段はろくでなしの人間を相手にした方が利益が大きい。凄く単純な、経済性の話です。
「普段から不良じゃない」者にしてみればたまったものではないでしょうが、結果として不良が更生すれば、その人を含めてみんなが利益を得るのです。
だから、普段アレな事をやっている相手ほど、良い事をした時には見直し、賞賛し、拍手を送って共感を示しておきましょう。この辺は、過去に書いたことと一緒です。


と言うわけで、勿論楽観は出来ないわけですが、段々と良い流れも見えてきました。
この流れが、選挙まで続けばいいのですが…… 圧力団体は巻き返しをする気満々でしょうから、どうなるか見守っていきたいと思います。




表現規制関連エントリーはこちら






同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。