2009年08月06日

ドラゴンクエストIX とりあえずクリア

ドラゴンクエストIX 星空の守り人
ドラゴンクエストIX 星空の守り人

ラスボスは、特に苦戦する事もなくあっさり撃破。
いくつか職業を極めていたとはいえ、全員レベル20~30代だったので少し拍子抜け。

それにしても、シナリオは後半一気にへたれます。これ、開発期間が足りず、大幅にシナリオがカットされてませんか?空を飛ぶ乗り物がクリア後の入手だったり、どうもおかしな所が多すぎます。帝国の話なんて、滅びの森の廃墟の伏線と合わせて、もういくつかイベントがなければおかしいはず。ラスボスにしても、プレーヤーが一切介在しない所で自己完結して終わってしまうので、余韻も何もありません。

一応、世界を一通り回って遊んでみようとは思うのですが、中盤まで大きく盛り上がった期待が急速にしぼんで行くと言う、結構辛いゲーム経験になりました。勿論、さすがドラクエで凡百のゲームが足元にも及ばない水準は確保されているのですが。

エンディングの背景、石の町のイベントについてセリフも一切無いまま、救いを感じさせる演出を入れたりするあたり、ほりいゆうじの実力は変わっていない筈なんですよ。
(さらに、クリア後モンスターリストから閲覧できるようになる、石の町のボスの説明がまた……)


さて、以下はやって居て気づいた「とうぞくの秘伝書」の効果。自分用のメモみたいなもの。

・基本的にがFFの「ぶんどる」になるのですが、「ぬすむ」とは別枠です。
つまり、「ぬすむ」でアイテムをかっぱいだ後の敵に対しても有効。

・また、戦闘とのたからばこ入手とも別枠。
つまり、「ぬすむ」と「たからばこ」入手と「ぬすんでいた」で、一匹の敵から最大三個のアイテムが入手可能。

・何をやってもぶんどれる
攻撃だけではなく、特技等でもぶんどれるようです。このため、「ぬすむ」によってぶんどるという面白い事も起きてきます。全体・グループ攻撃の魔法や特技の仕様は今一不明。要検証。




その他のドラクエ関係エントリーはこちら







同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。