2009年08月04日

幾ら何でも酷いんじゃないですか? ハルヒのDVD発売予定

涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]
涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻)

↑この、1話しか入ってないDVDも大概だったわけですが……


「エンドレスエイト」収めた「ハルヒ」DVD“5.142857”発売 - 2話収録

私は、何度も書いているように、あのエンドレスエイトを楽しんでいますし、実験作として評価もしています。

ですが、それと、それがきちんと商売になるかというのは別の話。
例えば、らき☆すたの実写エンディングは、あくまでエンディングだけだから実験として許せるだけ。あれだけ抜き出して売ったとして、誰が金を払うか、と言う話です。

少なくとも、あそこまで付き合ったファンに対しては、一巻に8話(最低でも4話)放り込んで売るのが、通すべき筋なんじゃないかと思うのですが。だってこれって、あんな物(商品価値の話です)に二話毎六千円を払うような人間以外、相手にしないと言うことでしょう?
そう言う「狭い層から限界まで絞る」路線は結局先細りだと、現状が示しているわけで……

折角ファンを開拓した作品で、少なくとも消費に直結する部分でこう言うことをやってはまずいと思うのですが。角川さんは、業界の牽引車なんですから……

また、作品としても、エンドレスエイトだけ一巻か二巻にまとめて売れば、時間が圧縮されループが起きていた話とリンクするメタネタになったでしょう。(そう言う宣伝を行うのが前提ですが)それくらいのジョークを混ぜれば、離れてしまった消費者を、ある程度呼び戻す力となったと思うんですけど。

そもそもDVDが一枚二話と言う構成自体、酷い商売ですよね。日本の家は狭いんですよ!その金額を取りたいなら、値段を二倍にして収録話数を4話にしましょうよ。ユーザーに余計な負担かけてどうするんですか?

さすがに、今回のこれには呆れてしまいました。

と言うか、まさか、正面突破で何のひねりもない商品展開をするとは思いませんでした。

余計なお世話だと思いますが、大丈夫なんでしょうかねえ?



その他のハルヒ関係エントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。