2009年08月12日

ボーダーブレイク再び

「全国」の枠に入れてもらえない植民島から帰還したおかげで、BORDER BREAKのロケテストもできるようになりました。
と言うわけで、先日新宿まで行ってきました。休日だというのに並んでいる人もおらず、結構な時間プレイすることができました。

基本的なルールは、前のロケテストの時から全く変わりません。細かな調整は入っているのかもしれませんが、そこまでは解らず。

とりあえず、テディベア抱えた娘さんをチョイスし、チュートリアルは抜かして実戦から。
渋いくたびれた中年傭兵っぽい奴が居れば選びたかったのですが、どれもピンと来なかったので。

細かい話はwikiでも見ていただくとして、簡単な感想を。

ただ、知らない人のために簡単にせつめいすると、

1,戦闘時間を買う課金システム(どれだけ活躍してもやられても、プレイ時間は一緒)
2,勝敗はコアという拠点のHPをどれだけ削ったかで決まる(敵味方の損害は不問)

と言うのが大きな特徴の集団ロボット戦闘ゲームです。


まずプレイを始めると、「集団演習」と言う、対CPU戦をやる事になります。これを大体9クレジット分くらいやると、昇格して人間同士の集団戦が可能に。

ただ、プレイしていた感じだと、集団演習の方が人間相手より面白かったですね。
とにかく、ロケテ開始から一月以上経っているせいか、プレイヤーの腕にかなり差があります。武器の持ち替えや特性、特にマップの構造を理解しているかどうかでまるで動きが違っています。
結果、ワンオンワンだと確実に屠られ、味方と連携しようにも連携の方法が解らずボコボコに。

あとは、現在選べる唯一の戦場である渓谷(ランクが上がれば別のも出てくるらしいですが)が、割と酷い構造です。
敵のコアを直撃できる侵入ルートが用意されているのですが、これを知っているか知らないかがまず死活問題。これに気づくと双方このルートの取り合いになるのですが、これが陣地戦になりません。

どう言うことかというと、ルート上に「確保しなくてはならない部分」がほとんど重ならないため、双方が敵コアへ突撃を繰り返すだけの単調な展開になってしまいます。
また、コアの防衛はコアの攻撃よりもポイント効率が良くないこともあって、集団戦闘の面白さが失われている感じ。

本来想定されていた戦闘は、多数のロボットが戦線を張り、それを押し上げたり突破して奇襲をかけたりという物だと思うのです。ですが、広いマップの両コア近辺だけで散発的な戦闘が繰り返される状況だと、まるで面白くありません。


なお、武装については、大まかに分けて、マシンガンとロケットと斬撃、それに狙撃銃が直接攻撃の中心。あとは、ハンドグレネードと地雷と補助兵装といった感じです。確かに面白いのですが、個人的にはガングリフォンのような非連射型の大型銃が欲しかったですね。折角偏差射撃を要求されるゲームなのですから、これは外して欲しくなかったです。
あー、ショットガンはあるみたいなんですが、何故か支援兵装の武器。ロケット砲は爆風判定を基調とした弾速の遅い武器ですし、求めるものとは違います。

まあ、一番近いのと言うことで、重装タイプで当たらないロケット砲を振り回してますが。高台に陣取ったスナイパーに迫撃砲をぶち込むのも楽しいですし。


一応宣伝ではウリの一つになっているカスタマイズは、まだ良く解りません。武器を買って行くみたいですが、現状で余り不満もないですし。

あ、キャラのカスタマイズについては、最初からもっと沢山できるようにすべきだと思います。特に低ランクだとみんな同じ外見になってしまい、楽しくありません。それと、口調のカスタマイズもできるようにすべきかと。数パターン作るくらい簡単なはずですし、データ量としても大した事はないでしょう。
テディベア抱えた強化兵(多分)には、もっと感情のこもらない声で戦況報告とかして欲しいんですよ!


とまあ、色々不満はあるのですが、両軍がマップ中央で陣地を作ってにらみ合い、遮蔽を取りながら撃ち合っている時などは非常に楽しいので、もう少し遊んでみるつもりです。
火線の集中って、素敵ですよね。そのキルゾーンに迫撃砲撃ち込んでみたりとか。(「着弾するから下がれ」という指示は、どうやって出すのかまだ謎ですが)

総じてロボット物のFPSとしては、アーマードコアよりも重めの挙動もそれっぽく、悪くありません。フォルムが全タイプ同じなのはどうしたもんかと思いますが、追って追加されるでしょう。

ただ、それを含めた諸々の不満は本格稼働バージョンにならないと直らないと思うので、遊ぶのは適当になりそうです。



BORDER BREAK関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。