2009年08月31日

痛恨事 保坂のぶと落選

注:一番下に追記があります。


今回の選挙で一番重要だったのは、度々取り上げてきた保坂展人元議員の当否でした。

政権交代?言っては何ですが、その実現は、解りきっていたことです。そして、表現規制や児童ポルノ法について、民主党は足腰が定まらないというのも、今まで見てきたとおりです。

そして、その保坂のぶと元衆院議員は、落選しました。

東京8区では石原伸晃に3万票以上の差を付けられ敗北。また、比例区は東京ブロックでの社民党投票率が4%強で、前回よりむしろ減少。
そして、前回のような他党のおこぼれ当選もなく、完敗となりました。


これは、二つの意味で、極めて悪い事態です。

まず一つは、保坂のぶとという、表現の自由などと言う票やお金にならない事に血道を上げてくれる、得難い味方を失った事。

法務委員会での審議を見て良く解ったでしょうが、彼以上にしっかりとした理論で表現の自由を守り、結果的にオタクの味方となってくれる議員はいませんでした。コミケ主催者の故米澤嘉博氏との親交などもあり、絶対に失ってはいけない人材だったのです。
民社連立が当選すれば、閣僚の可能性すらあったというのに……


そしてもう一つが、「オタクの味方・児ポ法反対などしても、票にならない」と見られる事が、避けられなくなったことです。

小選挙区は、民主党推薦を前面に出して戦いかなり票を伸ばしていますが、それでも3万票以上の大差を付けられました。頼みの比例区でも、前回からの上積みはほとんど無し。

つまり、表現の自由・オタク擁護などに時間や労力を費やした保坂元議員は、「間違っていた」と判断されて仕方が無くなります。

彼が落選した事、そのものが問題なのではないのです。

何故私が保坂元議員にこれだけこだわるかと言えば、彼の当落がオタクの政治的影響力を見る試金石に他ならなかったからです。
彼は東京8区に地盤を持たず、また比例区の社民党票はもともと固定層しかいません。つまり、今回の選挙での得票(前回からの上乗せ)は、オタク層へのアピールの成果を示すものと見る事が出来たのです。
少なくとも、それなりの集票が見られれば、「オタクの支援によってこれだけ伸びた」と主張する事はできたのです。

しかし、結果はこのとおり。

オタクは、我々は、彼を小選挙区で惨敗させ、比例区でも社民票の上乗せ、いや現状維持すら実現できませんでした。これが「現実」です。それは、例えば規制に対する「科学的に正しい反論」など、一瞬で粉砕する重みを持っています。

前にも書きましたが、「正しさ」は、それだけでは何の意味もありません。必要なのは「強さ」です。「力」です。
そして、結局オタクは、その強さ・力を見せまられせんでした。いえ、最初から無いのかもしれません。

要するに、声が多少大きいだけの少数派で、政治的ロイヤリティーも低く、味方するに値しない。そう言う存在だと、はっきり証明されてしまったわけです。
こうなってくると、前回味方してくれた社民党や民主党にも、余り期待は出来なくなってきます。そして、もし手の平が返されたとして、我々にそれを非難する権利はありません。

勿論我々はこれからも理不尽な規制や非難に対し、反論し、抵抗して行かなくてはなりません。
しかし、今回のこの結果によって、それは今までよりさらに困難になっていくでしょう。

民主党が自公の遺産を消し去る課程で、表現規制への流れ(理念に基づく物ではなく、単に「前政権の膿を出す」程度の認識でも)を変えてくれると良いのですが……


追記
カマヤンさんのところで引用されているとおり、実はオタク票は結構あったのではないかという分析が出ていました。
そこで、開票結果が出そろったようなので、全選挙区をチェックしてみたのが以下の表。
44回の結果は「ザ・選挙」から、今回の結果は、NHKの選挙結果ページからです。

44回 45回
北海道152,646 4.73% 113,5623.4%
東北362,523 6.97%316,6355.9%
北関東323,979 4.51%274,0303.6%
南関東444,753 5.37% 369,754 4.3%
東京都 300,782 4.54%299,0324.3%
北陸信越272,649 6.74%225,9925.0%
東海 300,574  3.78%   264,957 3.2%
近畿 619,883  5.7% 411,032 3.7%
中国 176,942  4.77% 156,291 3.6%
四国 119,089  5.55% 94,558 4.2%
九州 607,008  7.81% 480,257 6.0%


なるほど、確かにこうしてみると、社民東京ブロックの減少率の少なさは突出しています。これは、ロビイング次第では、やりようが出てくるかもしれませんね。
しかし、改めて見てもこれは惜しい。保坂元議員が今回の選挙で、社民党の「稼ぎ頭」だったことが解ります。にもかかわらず、結果は落選……
せめて次回の参院選で、比例上位で出馬できることを祈ります。参院選は比例区が全国区の上に、名簿登載者の「個人名」を書いても党の票になるシステム。今回の「成果」をテコに、彼を出馬させる価値は十分にあるはずですから。


他の表現規制関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

この記事へのコメント
表現規制問題が票にならないとは言い切れませんよ。
東京比例区ではその傾向が如実に読み取れます。
以下、引用。

--------------------------------------------------------
876 名前:名無したちの午後[sage] 投稿日:2009/08/31(月) 03:08:51

社民の比例は前回に比べて各地で得票数が減っているが、東京だけは前回並を維持してる。これを見るとオタ票はちゃんと存在してるんだな。まあ東京で数万程度というところだが、これが我々の全力である。

893 名前:名無したちの午後[sage] 投稿日:2009/08/31(月) 03:15:52

社民比例

東北   45回 313946  44回 362,523

北関東  45回 274030  44回 323,979

南関東  45回 362543  44回 444,753

東京   45回 295708  44回 300,782

社民票は全般的にマイナス20%にもかかわらず。東京は一応現状維持、オタ票が5万以上の見通し。
-----------------------------------------------------------

これを見る限り、保坂氏を支持するため5万もの票が生まれた計算になります。
むしろそれをもって直、社民の退潮傾向に歯止めがかけられないと言うのが実際のところでしょう。
Posted by 名無し at 2009年08月31日 19:13
よく見たらすでに既出でしたね。
失礼しました。
Posted by 名無し at 2009年08月31日 19:14
東京8区・比例で保坂氏に入れた皆さん、おつかれさまでした。

勝つシナリオとしては、保坂氏が某真紀子氏のように民主に鞍替えしていれば・・・とも思いましたが、そもそも「そういうことをする人」がここまで志を持つはずもないですね。
Nは復活したもののHは落選しており、最悪は免れた、というところでしょうか。

順当に行けば、K察以外の勢力は児ポ問題は先送りすると思います。・・・組閣と予算でそれどころじゃないし。一段落した頃が次のラウンドでしょうか。
Posted by Aruzya at 2009年08月31日 23:46
財界と自民党じゃありませんが。
(年金問題など他の政策・活動も評価していますが、敢えて)自分はオタクで、これは重要争点だ、と表明した上で、個人献金してみました。
まじめな政治家ほどお金に苦労していそうなので、次の参院選で復活してもらうためにも。
Posted by 東京の外なので at 2009年09月02日 22:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。