2009年09月01日

この人は人生終了が確定したわけですが… 児童ポルノ「製造」

児童ポルノ製造:小4長女の裸撮影 容疑のブラジル人逮捕


> 逮捕容疑は、07年6月下旬~08年4月下旬にかけ、長女の全裸を数回にわたり、デジタルカメラで撮影したとしている。


と言うのが大まかな容疑内容。

前提として、「強制猥褻」や「強姦」容疑ではないことが重要です。あくまでも、容疑は写真の撮影だけ。

まず、写真の撮影は事実という仮定で話します。現物は押収されてるみたいですし。

じゃあ、こんな奴は豚箱行きでOKだろう!と安易に言えないのが、「児童ポルノ」事件の難しい所。


まず、「親が子どもの裸を撮影すること」は、一般的に異常ではありません。我が家のアルバムにも、私の子どもの頃の全裸写真が多数収録されております。

でも9歳にもなったら…… と言う感情は当然出てきますが、この辺は家庭ごと・個人ごと感覚が異なるので、一概には言えないでしょう。「何歳まで親と一緒に風呂に入っていたか」みたいな話と一緒です。
ついでに言うと、撮影時期は一年前からですから、その時の娘の年齢はさらに下がります。「全裸写真」というのもポイントで、逆を言うと、性行為等を撮影した、一般にイメージされる「児童ポルノ」とは異なる、と言うことが解ります。

また、

>長女が体調を崩して入院し、病院でカウンセリングを受けさせたところ事件が発覚

と言う所にも、注意が必要です。
こういう風に記事を書かれると、ドラマのように、「私、お父さんに……!」とか言いながら泣き出す娘さんの姿が浮かびます。ですが、カウンセリングの基本は、とりあえず話をすること。話を聞く事。その中で、例えば「お父さんの家に行った時のこと」を娘が無邪気に楽しく話したら、カウンセラーが一応母親に報告して…… と言う展開も、十分にあり得ます。少なくとも、その場で病院が警察に通報したりはしていない所に注目。警察への相談は、あくまでも母親からです。


何が言いたいかというと、この事件は本当に警察が出ていくべき話なのか?と言う疑問が拭いきれないのです。

繰り返しますが、案件は「強制猥褻」でも「強姦」でもありません。父親は写真を撮っただけです。娘が嫌がっていたなら「準強制猥褻」じゃないのか?(つまり、そうでなかった可能性がある)と言う疑問もあります。

また、娘が嫌がっていて悩んでいたと言うことなら、児童相談所が職員を派遣し、父親に指導を入れれば終わりのはずです。(経過観察は必要ですが)「娘さんももう大きくなっているのだから」みたいな感じでね。
そんな生温い、と思われるかもしれませんが、あくまでも現状は犯罪とまでは言い切れない写真撮影だけ。「児童ポルノ製造」容疑で逮捕した段階で、この父親の人生はブルースクリーンで終了ですから、慎重対応はむしろ当然です。

この辺、「児童ポルノ」の検挙実績作りに必死な警察の勇み足と見るのは、別に大げさではないと思います。

それと、アメリカなどの離婚裁判で元夫を「性的虐待」で訴えて調停や裁判を有利に運ぶのは常套手段なので、慎重に対応しないと色々まずいはずなのですが。

って言うか、五月に相談受けていて、その後今になって逮捕というのは、足利事件みたいに捜査員につけ回させたと言うことなんですかね?それで居て、「児童ポルノ製造」以外の証拠をつかめていないとなると、別に父親は異常者でもなんでもないんじゃないかと思うんですが……

何にせよ、こう言うのを見ていると、「児童ポルノ法」はあまり国民を幸せにする形になっていないと思います。
今回の件、「引っかけられる」容疑として児童ポルノ製造が出てきているだけで、「被害者」が居たのかも良く解らない話になってますから。むしろ、父親が児童ポルノ製造容疑で逮捕なんて、トラウマも良い所です。さらに、父親に写真を撮影されただけのこの子も「児童ポルノの被害者」になってしまいますよね。それは、セカンドレイプどころか、法律による通り魔行為に思えるのですけれど。


三度繰り返しますが、「強制猥褻」や「強姦」だったら、鉄板ですからとっとと逮捕して刑務所に入れて、出所後も1キロ圏内立ち入り禁止にでもすれば良いんですよ。
でも、この父親が、社会的に止めを刺す罪名を負わせなくてはならない凶悪な犯罪者かというと、現時点ではそう思えないわけで。



当BLOG内の児童ポルノ法関連のエントリーはこちら





同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。