2009年09月15日

るいは智を呼ぶ 攻略完了

るいは智を呼ぶ 通常版
るいは智を呼ぶ


前回前々回の続き。


某所の推奨攻略順に従い、攻略完了。まとめての感想になります。

しかしこれ、選択肢が出たのは良いんですが、何選んでも、直後の文章がほぼ変わらないのはどう言うことでしょう?さらに言えば、オープニングが流れたあとは、どのルートも選択肢一切無し。

選択が完全に分岐トリガーとしてしか機能しないので、ノベルゲームとしてちっとも面白くありません。これなら、ひぐらし式に最初から選択肢を排除してしまった方が余程すっきしります。最初からそうしておいてくれれば、プレイする前に考えましたよ……


・花鶏編
こいつも、変な所で暴走しますね。クレバー系のキャラなのですから、頭の悪い行動は慎んで欲しい所です。
一応、行動の一部にはフォローがされるのですが、ならば「一部」ではなく「全部」がそれで説明が付くように設定を組めばいいのに。

このシナリオは、後述する全員集合の大立ち回りもなく、状況が危険なのを見て逃げ出すだけのカタルシスのない内容。一番どうかと思う感じです。


・こより編
最近はやりの合法ロリっ娘。この「合法」ってフレーズ自体が見事なブラックジョークなので、この呼び方は好きです。

主人公とコンビを組んで「平べっ隊」。
赤い特殊バックパックは条約禁止兵器。

そう言うシュートなネタが踊るので、日常会話は今までで一番面白かったです。

シナリオで一番重要な情報は、伏線不足で唐突すぎることになっていますが、本筋とのリンクがしっかりしているので、そんなに気になりません。

ただ、裏がありそうな記者が、本当にただの三下だったのはビックリです。絶対に、裏の裏があると踏んでたんですが、あんな下らないので良かったんでしょうか?凄く、底が浅いです。

それにしても、最大の問題は主人公の呪い。結局、3シナリオ連続で呪いが発動しない様を見せられているわけで、こうなるともう緊張感もへったくれもありません。なんで、こんなシナリオ構成にしたんでしょうね?


・伊予編
このシナリオは、前の三編に比べ、明かされる情報量が飛躍的に増えています。しかし、提示されるのは謎ばかりで、真相は手からすり抜けたまま。ラストシナリオに向けての、最後の盛大な伏線貼り、と言った趣です。

また、展開上の重要ポイントとして、ここに来ていきなり主人公の呪いが発動します。これは、少し遅いですね。先述の通り、「呪いが発動しない」と言うのを3連続で見せられて、緊張感が消滅してしまっています。これならば、特定のシナリオでだけ呪いが発動しない、と言う展開の方が自然です。それならば、主人公の呪いが本当は何なのか、考えるきっかけにもなるでしょう。この構成は、余り上手くありません。


・茜子編
他のシナリオを全てクリアすると解放。
それにしても、一番重要な主人公の秘密がバレるシーンの投げやりさは、このシナリオが随一。ライターの人、やる気なくなりましたか?

それよりも、序盤に張った伏線ですらない情報を、単に話を引き延ばすためだけに放置されるのは哀しすぎます。
まずラトゥイリの星の原本が失われるというイベントは、物語の進行には不要。大団円に至るラストシナリオで、わざわざ入れるべき物ではありません。
離れの姉妹については、正に前のシナリオで積み残した謎そのものなので、今更引っ張られてもいらつくだけです。

最大の謎だった主人公の呪い発動条件も、恐ろしくご都合主義な説明で、興を削がれる事しきり。ガッカリでした。

なお、このラストシナリオ最大の問題は、悪役そのものであるこよりの姉の会社が、無傷で残っていることでしょう。力を失った彼らは、もはやちょっかいをかけられても対抗できません。何故、わざわざその脅威を描きながら放置したのか理解に苦しみます。


大体、呪いの設定からしてどうも……
「外国から移ってきたロシアの古い名家」に伝わっていたのに、何故か日本の土地由来。明治初期と考えても、これでは古い家系ではあり得ません。因縁の土地に立っているのが洋館なのは、まあ後から立て直したと解釈するにしても。
ちなみに、ロシアと日本の関係を考えると、さらに酷いことになってきますね。逆に、力を使ったとは言っても、アジア人が中央で商人として成功するのに、そんな古い時代では無理があります。
イェンフェイと花鶏の立場を入れ替えれば自然なのですが、ターゲット層にとって韓国は鬼門なので、仕方ない所でしょうか……


とまあ、不満が多い感想になるのですが、実はシナリオの基幹部分は非常にしっかりしています。

大きいのは、前に書いた、「仲良し集団物は恋愛が成立するとつまらなくなる」と言う問題点への対応です。
このゲーム、この部分をかなり上手く処理しています。ほとんどのシナリオで、最後に全員の協力を必要とする大立ち回りが用意され、ちゃんと仲間の存在が強調されているのです。
そして、ラストシナリオも、茜子ルートでではありますが、ハーレムエンドとも違う友人関係を維持しての大団円。
だから、シナリオの基本的な作りは、十分に及第点なのです。

しかし、書いてきたような、細部に神の宿らない出来映えと、選択肢を排除した中途半端なシステムが、魅力を大きく削いでしまっています。
んー、なんでこう言うふうにしちゃったんでしょうね?限られたリソースというのは解るのですが、特に選択肢の排除などは、そんなに手が抜けるのでしょうか?選択肢を入れると、各シナリオに5つ、それぞれに5ページ分程度のテキストかな?その作業量を節約したことで、落ちてしまう満足感は相当な物だったのですが。どうせなら、共通部分を少し短くして、その作業量をそっちに回せば良かったんじゃないかと思います。

と言うわけで、結構評判の良い一作ですが、個人的には今一お勧めできません。30時間弱かけておいて、残念な感想となりました。やっぱり、業界苦しいんでしょうね。期間やお金が不足して、勿体ないお化けの百鬼夜行です。



他の、その他のるいは智を呼ぶ関係エントリーはこちら






同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。