2009年09月17日

スマガ ファーストインプレッション

スマガ 通常版
スマガ 通常版


るいは智を呼ぶの選択肢の無さを罵った後で、Nitro+のゲームでもないと思うんですが、積みゲー処理月間につき。

内容は、「人生やり直しアドヴェンチャー」。妙にポップなセンスで統一された公式ページにひかれて…… 結局放置していた一本です。


開始直後の内容は、

真っ黒画面にCQコールで謎の女の子(?)と会話

不思議な世界で記憶喪失の状態で空中を落下

地面に激突して死亡

不思議空間で「パジャマでお邪魔」を聞きながら幼女な神様とご対面

と、不条理全開。
なお、幼女神様に萌えはありません。

そして、何やら怪獣に襲われる閉じた世界で、世界の守り手である魔女と学園生活する、ニトロらしいシナリオに突入。絵が好みでないのが難点ですが、相変わらずキャラも立っていて楽しめそうです。

能力を制限された神様、「前世の記憶がある者は叩き出す」と言う世界のルール。世界の中心にある「カールツァイス」は、名前そのまんまの鉄アレイ型プラネタリウム投影機。
実に、裏にある事実を期待させるラインナップでワクワクさせられます。

ただ、不満もありまして、物語構造が完全にメタフィクションなのに、選択肢に意味がありません。
何度も生き返る主人公、さらには主人公を失っても「次の主人公」が落ちてくる構造など、果てしなく典型的。にもかかわらず、肝心の「画面のこちら側」は、ひたすら読み進めるだけで、世界への干渉方法を与えられていません。選択肢は、現段階では意味を持たないように作られてますから。
よって、ここが一番の不満点。あ、絵が好みじゃないのが二番目ですが、それは言っても詮無いことなので。


とりあえず、一周終わった段階では、センスは見事ですが好みと少し違うかなあ、と言う印象。基本的な作りや完成度はいつものニトロなので、それを踏まえて手を出せば、外れを引くことは無いと思います。

ま、ボチボチ進めてみるつもりです。




同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。