2009年09月18日

ときめきメモリアル4 公式サイトオープン

http://www.konami.jp/tokimeki4/

2001年、ときメモ3の大失敗。
2007年、ときメモオンラインのもっと酷い失敗。(閉鎖)

それらを乗越えて、続編が作られたと言うことを、まずは喜びたいと思います。

しかし、一つ疑問があるわけで。つまり、

・何故PSP?

と言う事です。
「ラブプラス」なら解ります。ですが、ときメモは、一人の空間を確保し、据え置き機でプレイするのが向いているシリーズです。GBやPSP、i-modeのリメイクは、正直相当アレな感じでした。逆に、携帯性を重視する作りだとすれば、ときメモシリーズの意味があるのでしょうか?

と言うか、こんなシリーズの続編を喜んで買う人間は、次世代ハードなど当たり前に持っている、ゲームマニアのクソ野郎どもです。今更一般層の取り込みなどと血迷った事を考えるのでない限り、大容量で攻め立ててこそだと思うのですが。

単に安く上がるからと言う理由で携帯機を選んだなら、思い切りしっぺ返しを食うのでは?
そう言う手抜きがどう言う反応を呼び起こすかは、ときメモオンラインで懲りて然るべきだと思うのですが。



後は、ときメモオンラインであれだけ「ときメモらしさ」と可愛らしさを両立したグラフィックを作っていたのに、何故こう言うデザインになったかも疑問ですよね。「問題はグラフィックじゃない」と言うのは、クソゲーハンターが言っていたように、ヒットしたゲームだけに許される結果論でしかないわけで。


最後に、これは好みの問題かもしれませんが……
舞台が「きらめき高校」って、辛くないですか?
つまり、15年以上前に何度も「卒業」した学校なわけですよ。まるで、OBなのに教室で一緒に授業を受けさせられるような、居心地の悪さを感じませんか?
同じ学校と言うことで旧作のキャラでも出てきた日には発狂しそうになりますよ。

「すいません、僕はあの頃から一歩も前に進めてません!」

みたいな、そう言うどす黒い感情がわき上がってくる様が、今から目に浮かぶのですが……


とりあえず、購入は鉄板で決定済ですが、色々と期待しきれない所があります。
KONAMIには、今まで散々煮え湯を飲まされてますしね…… まるで、ときメモ一作目で楽しませてもらったという借金を、分割払いで返済しているかのように。



ときめきメモリアル
ときめきメモリアル(PSP)

↑何やらプレミア気味になっているときメモ一作目のベタ移植。でも、普通にPS版を買って、PS2で動かした方が、普通に楽しめますよ。だって、電車の中とかでやらないでしょう?




同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。