2009年10月04日

W.L.O. 世界恋愛機構 愛奈編感想

W.L.O. 世界恋愛機構
W.L.O. 世界恋愛機構


ファーストインプレとサラサ編の感想はこちら
アリサ編の感想はこちら
衣那編の感想はこちら


調べてみた所、特にオールクリア特典もないようだったので、予定どおり、幼なじみの愛奈さんでフィニッシュと行く事にしました。

とりあえず、最後なので既読部分も、ある程度飛ばさずにやっていきます。
そして、序盤の愛奈さんに鼻も引っかけられない描写が痛い痛い。




誤解されたと思って追いすがる主人公に、大上段からバッサリ。そりゃ、別に付き合ってるわけでも何でも無いわけですから、言い訳をすること自体不自然です。一般的なギャルゲーの主人公が言い訳をするのは、ヒロインが初期状態で主人公に好意を持っているから。ですが、この作品じゃそうではないわけで……




主人公、キョドって幼なじみに気を遣ってもらうの図。
これでは、そもそもヒーロー候補として見てもらえません。
そして、何度も出したあの画像を経て……



超正論へ。これに反論する主人公は、そのままバッドエンドでいいと思うよ!と言うか、ここにこそ選択肢が必要でしょう。主人公が変わることを選択するシークエンスは絶対に必要ですから、そこを「選択肢」と言う形でプレーヤーとシンクロさせずにどうするのかと!
とまあ、良い感じで主人公とシナリオにムカついた所で、シナリオ分岐へと進みます。




ここからめきめき頭角を現してくるのが、まさかの丙君。もともとギャグ担当として不動の地位を築いてましたが、本人が幼なじみ(優梨子)が居る事もあって、見事な幼なじみサポーターに。W.L.O.と同等かそれ以上に、主人公をサポートしにかかります。
正に、ナイスガイ度が赤丸急上昇。




まあ、どのシナリオにおいても、誰もサポートする気のない潔い方もいらっしゃいますが……




こいつとかな。

主人公は今回かなり更正が遅く、油断するとすぐに沈黙してしまう状況のまま、学園祭に突入していきます。幼なじみとの過去という伏線もあるでしょうが、一番序盤のへたれ状態からの連続性が強く、納得の行く展開。勿論その分主人公にはムカつくのですが、それは後半の逆転を考えれば、必要なストレス。

また、ときメモにおける「パラメータ上昇 → 好感度アップ」の舞台裏を見せるような展開は、非常に面白いです。体力を鍛えて、体力を使うイベントを。魅力を上げて、何とか人としてみてもらえるように。裁縫を練習し、想定問答集を学習し、イベントを起こし…… 地道な努力万歳という感じですね。でも、それで十分面白いのです。何より、シナリオは(これでも)ご都合主義のはずなのに、主人公への好感度が上がる事に、嫌味無く納得が行きますから。

それこそ、CLANNADみたいに、性格も知恵もアレな主人公に向かって、ヒロインが「あなたみたいな格好いい人が」とか言い出す展開よりは、256倍くらい好感触です。

まあ、このシナリオでは解りやすく敵役に回っている滝田の上手さ(合理的な強さ)もあって、主人公は割と酷い自爆状況に追い込まれてるのですが。逆ギレ気味に、プレーヤーの好感度も稼げない形で。

ただ、主人公の顔をやたらと一枚絵で画面上に持ってくるのは、感情移入を阻害するのでやめて欲しかったですが。シーンごとに顔が違う上に、ぶっちゃけムカつく顔ばかりで、主人公を本気で嫌いになってしまいそうになります。
それと、ルート分岐が済んだあと、プレーヤーが一番期待していたはずの学園祭ラストでの行動とか、もうね!キャラクターを裏切るのは良いですが、プレーヤーを裏切ってどうすんですか?肝心な所で出てくる一枚絵があれって、アリエナイデショ!?


と言うような泥沼が繰り広げられる一方、なんとこのシナリオでは、テスト期間を大幅スキップ。今までの冗長さが嘘のように、一瞬にしてメインイベントになだれ込みます。やればできるじゃないですか!

一方で、一番重要な過去の伏線は足りていない気がするのですが。記憶失う所まで大仰な内容ではないですし。あと、こんなあっさり落着させるなら、キャンプファイアーであんな一枚絵を挟むなと。ただ、この辺は多分冗長さを排除して一気に進めた事と一長一短なので、仕方ないですかね。

ですが、このあとシナリオは少しだけ足踏み。逆にちょっと冗長な感じです。




まあ、こんな感じで。
ただ、ここはどう「ため」だったらしく、素晴らしき(褒め言葉ではありません)ニヤニヤでグダグダ(これは褒め言葉)なラブラブシーンが続きます。……なんてIQの低そうな文章(←)だ!

まあ、本能に根ざした行動が、上部位構造にすぎないインテリジェンスなんぞ吹っ飛ばす力があるのは至極当然であり…… 理屈こねるなって言ってんだろ!
まあ、エロシーンは例によって例のごとくで面白くなりようがないんですが、前後の会話のこそばゆさとかイチャラブっぷりが 死ねばいいのに 実に幼なじみしていて、まことにごちそうさまでした。ゲップ。

そして、凄いと思ったのはこのあと。何しろ、バカップルぶりが見ていて面白いんですよ。本来、バカップルの描写なんて言うのはイラッとさせられる物の筆頭。話は終わったんだからとっとと幕引けボケナスと、画面に向かってゴッド・ファーザーしたくなるものです。このゲームでも、アリサ・サラサルートなんかは本当にそんな感じでした。
ところが愛奈さんルートは、掛け合いが結構面白いこともあって、不思議にムカツキが少ない面白時空に。
まあ、エロシーンがどうでもいい感じなのは相変わらずですが。いくらバリエーション増やしても、あればっかりはシーンでこなすべき内容が設定済の、言わば定型句みたいなもんですからねえ。いや、お姉ちゃんの3乗(きゅーぶ)みたいに、あり得ないハッチャケ方をされても困っちゃうんですけどね。

ただし、やっぱり風呂敷のたたみ方はすんなりいかず、冗長さは残ったままエンディングへ。
ただ、小ネタは相変わらず効いていますし、十二分に許容範囲内です。



地味に凄いぞ、W.L.O.

結局このルートは全体的に面白かったので、十分満足しました。


以上で、このゲームは終了。ええ、全体的にはきちんと楽しめましたよ。欠点は散々書いてきたので繰り返しませんが、文章のテンポやシーンの運びなどは、決して悪くありません。絵も、いわゆる「決め」の一枚絵はどれも誉められた物ではないのですが、小ネタの効いた諸々は、本当に最高。サラサの筆談とか、総帥(結局彼女は、「単に背が低い」と言うことで良いんでしょうか?)とか。作品としてのポテンシャルは、十分です。


結局、全体の感想としては、面白さ・才能を活かし切れていない感じです。
誤字脱字の異常な多さと合わせて、単に推敲が足りてないとしか思えません。ラストシーンの年号間違い(卒業が2017年なのに、2018年と表記して「7年後」って……)とか、ちゃんと読み直したのかと。逆を言えば、素材は光る物を沢山持っているわけなので、次回作以降に期待したいです。
とりあえず、ファンディスクを買ってみるべきですかねえ。ただ、あかべぇについては、「車輪の国、悠久の少年少女」が非常にがっかり(とっつぁんのラストだけは、ガチでしたが)だったので、二の足をふむんですよね。そもそも、あの業界のファンディスクという物自体、お布施の見返りにもらえる粗品みたいな代物ですし。

まあ、次回作があるならば、手を出してみたいと思います。



WLOに関する他のエントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。