2009年10月15日

「紅」 第1巻 感想

紅


世に評判の良い作品の種は尽きないわけで、どうやったってフォローは追いつきません。
年齢を重ねれば重ねるほど、積ん読ですらない「いつか読むぞ」は積み上がり、一方で残り時間は減少の一途。何度も書いている「出版点数を絞ってクオリティを上げてくれ」という悲鳴は、読者にとっては文字通り死活問題なわけです。

と言うわけで、今回はアニメもとうに放映終了し、ブックオフの常連となって久しい、片山憲太郎「紅」1巻の感想です。新品で買っちゃいましたよ……

どうでも良いんですが、ゲームは中古どころか人からデータだけもらっても特に気にならないのに、本は新品を買いたくなるのはどうしてでしょうね?中高生の頃は古本屋の常連だったんですが、やっぱり新品と中古の差額が小さいからなんでしょうかねえ?月に使う総額を考えれば、どちらも余り変わらないはずなんですが。

閑話休題、これは、「幼女護衛物」とでも言うべき系譜の作品。映画ならレオン、ラノベなら夏の魔術(リメイク版は読まなかった事にしておきます)が代表でしょうか。名作シティーハンターにも、こう言うエピソードがありましたね。作者も気に入ったのか、後にキャラを流用した作品を書いてたりします。(個人的には、これが北条司の最高傑作だと思います)


さてこの物語の導入は、トラブル解決の裏稼業を行う主人公に、訳ありらしい大財閥息女の護衛依頼が舞い込む、と言う鉄板の展開。ハードボイルドな探偵物の王道でもありますね。

なお、これは同じ作者の別作品のスピンオフらしいですが、そっちは未読です。


でまあ、色々引っかかる点は置いておいて、面白かったです。アクションは書き慣れていない感じが強いのですが、イベントは一通りこなしていますし、キャラの描き分けもできています。存在意義の解らない魔女は、オミットした方が良かったでしょうが。

さらに、起承転結は非常にはっきりしており、ラストの逆転劇を含めて伏線もきちんと回収済。基本的なシナリオラインは、何かのお手本になるくらいしっかり組まれていると思います。

ただ、なんというか、設定的に「飛び道具」を使いすぎてるんですよ。
世界の数パーセントを握る財閥だの、裏稼業専門の人材派遣会社だの、人外の力を駆使する一族だの、やたらめったら出てきすぎ。有り体に言って、中二臭くてたまりません。それらの設定に意味があるのなら良いのですが、物語を面白くする方向に働いているようには見えません。

主人公とヒロインの交流を縦糸に、裏で進行する陰謀を横糸にするならば、「飛び道具」は数を絞らねばダメなはずです。最後の大逆転に絡む主人公の設定はそのままで良いでしょうが、敵役や脇役の設定は邪魔です。特に、何故あんな殺伐とした世界を舞台にしたのかは、本当に謎。

基本的に、ラノベが現代を舞台としたファンタジーばかりなのは、違和感なく作品に入り込ませるためです。なのに、新聞紙面が毎日残虐事件であふれかえり、テロも大量殺人も銃撃戦すら日常茶飯事という世界が舞台では、高校に通う主人公はギャグにしか見えません。と言うか、前提となる世界が違うせいで、感情移入が妨げられ、むしろマイナスです。

他にも、幼なじみの設定なども意味不明。物語上の役割(情報収集)としては、「ネットに詳しい友人」くらいで十分だったはずです。実際、彼女が提供した、物語のキーとなる情報は、wikipediaか各種公報レベルの物でしたし。


ただまあ、この辺は、菊地秀行の古式ゆかしいノベルを読んでいると思えば、そんなに不自然ではないのかもしれません。
出てくる奴らが、(特に敵は)ロリコンばっかりというのも、菊地秀行作品の「男はみんなむっちりした人妻の尻が大好き」と言うのと余り変わらないですしね。気にしたら負け的な意味で。むしろ、菊地秀行みたいにネッチリ描写したりしませんから(ネッチリ描写されたら、洒落にならないでしょうけど)ソフトと言えるかもしれません。


そう言うわけで、楽しめた物の、変な引っかかりが残って首をひねる箇所も多い作品でした。企画が練り込まれていない印象です。
"a boy meets a little girl" をやりたかったのは、間違いないはずなんですよ。〆に当たる↓とか、潔すぎて、大爆笑しながらスタンディングオペレーションですよ。書ききったな、と。

>「法律も気にするな。そんなもの、ただの文書だ。大事なのは、お互いの気持ち。わたしはおまえが好きで、おまえもわたしを好きなのだから、なんの問題もあるまい?」

ただ、そのメインパートをラノベ的に装飾する手段の選択で、色々と混ぜ方を間違った感じ。
とりあえず、あと数冊は読んでみたいと思います。



おまけ
ロリエロゲーヒロインの体格を分析する(ああああ さん)

こう言う分析がパッとできるのは、コンピュータ時代の強みですよねえ、と。なるほどこうして見ると、制作者が「18歳以上」のキャラクターについて、どのような戦略をもって設定を決めているか見えて、面白いですね。
ちなみに、学校保健統計は数十年分データ蓄積があるはずなので、舞台が現代じゃなくても安心(?)ですね。





同じカテゴリー(読み物)の記事
 非常に面白い「娯楽」の理論書 『純粋娯楽創作理論 VOL.1』 感想 (2015-06-20 00:00)
 ナイストンデモ本!ダニエル・ドレクスラー『ゾンビ襲来』感想 (2013-02-16 22:00)
 最近読んだライトノベルの感想 (2013-01-30 22:00)
 胸がむかつくひどい話 『魔法少女育成計画 restart』 感想 (2013-01-18 22:00)
 良質ショートショート 『独創短編シリーズ 野﨑まど劇場』 感想 (2012-12-11 22:00)
 余りに出来の悪いSF 山田宗樹 『百年法』 感想 (2012-11-26 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。