2009年10月16日

ささめきこと 第2話感想

ささめきこと
ささめきこと


第1話の感想はこちら

と言うわけで、切ない百合作品の雄(ひどい語義矛盾)である、「ささめきこと」の第2話です。

服を買うのに付き合わされて赤くなる村雨さんとか、相変わらずニヤニヤできるシーンが目白押しです。



この作品実は、凄く素直な「障壁のあるカップル未満」のセオリーに、従ってるんですよね。好きな相手が同性という事が障壁としてちゃんと描かれるというのは、大事な事だと思います。
勿論、ナチュラルに百合百合で世界の常識が音を立てて崩れている萌え四コマ系も、大好きですが。

原作では相手の好みの問題が前面に出ていますが、カップル成立後は当然周囲の目線・社会的障壁に話の中心が移る物と期待しています。まあ、胃が痛くなるような場面も出てきそうですが。


さて今回は、原作通り最萌えキャラであるアケミちゃんが登場。




ああ、本当に可愛いなあ……
ちなみに、唯一のレギュラー男性キャラです。
三次元だと大問題になる声質も、二次元なら声優さんで無問題ですよね!!

でも彼、凄く男もとい漢らしいんですよ。今回も、委員会とその後の問い詰められるシーンで、真っ直ぐな視線で主人公に応えてますし。

緊急時の走り方から悲鳴まで、無意識領域が思い切り女の子してるのがアレですが……


なお、次回以降活躍の場がある蒼井あずささんも、顔見せ登場してますね。



抱えているのは若きウェルテルの悩みですが、彼女ならすぐ近くに並んでいた車輪の下の方が相応しいと思うんですが、どうでしょう?BL的な意味で。




ところで、この作品では希少種である、ノーマル女子の鳥追きよりさんが、ピンポイントで良い仕事してます。画像的な突っ込み役と言いますか。
この、とらねこ大将(©11ぴきのねこ)みたいな表情が素敵です。
実は、かなり背が低い所もポイント。


さて、今回もピアノソロ中心の音楽が、良い仕事をしています。画面・セリフと音楽のギャップが強調されていて、主人公の心情を綺麗に演出しています。勿論、アスファルトに落ちる影のシーンのように、映像も高水準でまとまっています。総合芸術(笑)の面目躍如ですね。

見ていて楽しくて仕方がないので、来週も楽しみでなりません。



他の、その他のささめきこと関連エントリーはこちら


おまけ
今回最強の萌えシーン。



本当、色々と反則過ぎると思います。





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。