2009年10月30日

ささめきこと 第4話 「4+1」 感想


ささめきこと
ささめきこと


前話までの感想はこちら





第4話です。
思い出のお面で前回のエピソードを思い出させつつ、今週も静かに始まりました。




風間は、アケミちゃんの写真撮ってたんですねえ。しかもフィルムで。




さて今回のストーリーは、アニメになってから私の中で赤丸急上昇の「きょりちゃん」こと鳥追さんが、風間を焚き付けます。校内の美少女リストを提供し、「恋人候補をさがしてみよう」と煽るわけです。

……って言うか、鳥追さんのポジションが、「恋愛サポーターの友人」になってますね。もっと具体例を出すと、「好雄」キャラ。




なお、そのリストからはしっかり漏れている、むかつくブリッ子(が死語って本当ですか?)のみやこ姫。
黒いキャラは基本的に嫌いじゃないんですが、この子はなあ……

なんか、 男相手 外向きの態度と、先週見せたあずささんに対する攻撃的な態度の使い分けとか、リアルで笑えないんですよ。

それにしても↑のシーンの、男全員白抜きの紙粘土状態の絵は、余りにこの作品の本質を示しすぎていて、思わずニヤニヤ笑いがこぼれますね。




「誰だお前!?」と言いたくなる王子様っぷりの、朋絵さん。男前だなあ。(違)
そして、この話のもう一つのトリガーを引くのも、彼女になります。





「見たよ。昨日の」

と言うわけで、朋絵さんに率いられ、「やむを得ず共学校に入ってしまった女の子が好きな女子のための部活」と言う、ナチュラルに気が狂った代物の設立に巻き込まれる主人公。
あー、女子校ってそう言う理由で選ぶもんなんだ…… って、男子校をそう言う目でしか見れない腐女子の心にシンクロできた!?


それにしても、それは共学校の男子的には、悪夢のような存在じゃないでしょうか?
……あ~、なるほど。逆から考えれば、女性が「三次元に興味はない」と公言するオタクを憎む心情にも、上手くシンクロできますね。「おめえらいらねえんだよ!」と、言われてるに等しいわけですから。

閑話休題……




「そこの君、女子部に入らないかッ!?」
「お断りだなー!」

一方、やはり一服の清涼剤は鳥追さん。揺るぎのないノーマルっぷりで、朋絵の要求を華麗にスルー。「だが断る」と言うよりは、「陸軍は拒否する!」並のつけいるスキの無さが素敵です。




そしてそして、待ってましたのアケミちゃん。女子に興味のある女子をいぶり出すため、告白してみて反応を見るという地獄行脚。

って言うか、告白してきた相手を脅迫してこき使う主人公マジ鬼畜。




↑一コマだけ出てくる、ヅラ非着用状態のアケミちゃん。
こりゃ、無しでも余裕で行けますねえ。


なお、今回はいつものピアノソロに女声コーラスが重なる演出が多く、ギャグとシリアスの中間を上手く強調していました。

ラストのコーラスは「女子部」と言っていたので、正式な挿入歌なのかな?スタッフロールには何も書かれていませんでしたが、いずれ発売されるんですかね?

今回も密度の高い内容で、終始楽しく見る事が出来ました。
また来週。


その他のささめきこと関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。