2009年11月11日

真・女神転生 ストレンジジャーニー 感想その1

真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)




久しぶりに「真・女神転生」の名を冠した新作は、何故か携帯機。もう据え置き機というのは、金と労力を惜しみなく注ぎ込める、大企業の有名シリーズ専用になっていくんですかね……
私は、原則ゲームを携帯してプレイしないので、何のメリットも感じません。

とりあえず、その部分には目を瞑るとして、ここまでの感想を。

クリアしてから書くつもりだったのですが、45時間プレイして終わる気配がなかったもので……


まず、中身は恐ろしく普通の女神転生です。
ダンジョンを彷徨い、悪魔を口説いて合体し、きついバランスの戦闘に右往左往する。プレイしていて、特に違和感はありません。
システム面でも、特に問題なし。ガイド合体はありませんが、まああれはシリーズによってあったりなかったりするので……
あ、でも、平行移動がボタン同時押しで、方向を変えてもマップが回転しないのは、かなりきついですね。上のマップを見ながら進めて行こうとすると、途中で方向感覚がおかしくなります。せめて、上部マップの方向に合わせた移動機能(上を押せば、上部のマップで上に移動)が欲しかった。上を向かせればそう言う風に動かせるのですが、隠し通路を見つけるために壁に貼り付いての平行移動が基本なので、意味がないのです。


シナリオは、滅びに瀕した世界を救うべく悪魔の住む空間に突っ込む、正調のスペースオペラ。珍しく派遣部隊のNPC達のキャラも立っており、二転三転するシナリオに引き込まれます。帰還優先か任務優先かで自然にLAW/CHAOSを揺れさせるのも、自然で良いですね。
まあ、終盤の強制イベント連続は、「そんなにすぐクリアされて売られるのが怖いのか!」と、嫌味の一つも言いたくなりましたが。中古に売られる危険性よりも、「終わらないので次のソフトを買ってもらえない」場合の事も、たまには考えてあげて下さい……




一方バランスは、かなり温め。
一部ではやたらきついきついと言われていますが、あれはデビルサバイバーやペルソナ4なんかと比較しての話でしょう。大体10分も歩けばセーブポイントが出てきますし、安価な回復ポイントも一昔前の公衆電話並にダンジョン内に立ち並んでいます。いつも苦労する悪魔との会話も、最初から手に入るアプリケーション「リラクゼスプレー」を使えば、8割方成功します。
即死トラップのようなイベントもありますが、全て直前でセーブ可能ですし、ムドは言うほど決まりません。そもそも、サクリファイズが結構拾えますし、ムド無効化防具を着けっぱなしにしておいても、主人公のHPが高めなので余り苦労しません。
特に弱点については、味方が衝くと敵に大ダメージなのに、味方が衝かれても単なる1.5倍ダメージで終わり。ムド・ハマ系と物理攻撃以外、気にする必要もありません。

まあ、今更ペルソナ一作目の5時間ノーセーブダンジョン(途中脱出不可・エンカウント低下無し)だの、デビルサマナーの「ボス直前でバックアッパーを使ったら、アイテムが足りなくて帰る事もできなくなったでござる」ダンジョンだのを再体験したいとは思わないので、妥当な所でしょう。

ただ、プレイ時間を引き延ばすためなのが丸わかりの、七面倒くさいアイテム合成は勘弁して欲しかったです。ネトゲじゃないんですから、ランダムドロップを延々と繰り返させるなと。この内容なら、プレイ時間30~40時間が妥当なはずです。

それと、ノクターンからずっと続くCGの使い回しは今回も健在。省力化の手段として凄く正しいのですが、いい加減飽きてきました。逆に描き直されている悪魔がいるとハッとするくらいで、何とも複雑な気分。
ただし、同じCGでは、背景の雰囲気作りが非常に上手く(特に、最初の氷の洞窟と戦場。次点で迷路庭園)エリアごとの特性が出ていて楽しく「ストレンジ・ジャーニー」を体験できました。


あ、最後に。
あのムービーは要らないでしょう。物理法則が歪みまくりの「四角い箱が空を飛ぶ」と言うあんまりな絵面も相まって、雰囲気がぶち壊しです。そもそもあの箱船もどきについては、デザイン何とかならなかったんでしょうか?どう見ても通常の装甲車サイズにしか見えないのに、作中の説明を見ると実は戦艦クラスというのは、違和感がありすぎると思います。
でかくて重い物ならば、それなりの格好良い描き方があると思うのですが……


まあとりあえず、引っかかっているポイントはあるのですが、お値段分は楽しめています。
何のためにあるのか解らない実績解除機能とか、合体可能な仲魔が少なすぎる(LV50前後から、「次に作るべき悪魔がない」状態になってきます)とか、良く解らない部分もあるのですが、まあ今の所許容範囲内。

ただ、せめて55時間くらいで終わって欲しいなあと、切に願っているのですが。
11月終盤からの年末ゲームラッシュに備えるために、色々処理しておきたい事が多いので。



その他の女神転生関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。