2009年11月19日

真・女神転生 ストレンジジャーニー 感想その2

真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)


結局、前回から十時間ほどかかって、やっとクリアしました。人間をやめた誰かさんは粗暴だし、高みに上ってしまった誰かさんは電波なので、力強くニュートラルルートを選択。どう考えても、両者の提示する新世界は、ろくなもんじゃありませんでしたしね。

とりあえず、凄く面白かったのは間違いありません。プレイ感覚は間違いなくメガテンで、しかも今まで弱かったサブイベントやNPCが強化されている感じ。それで居て、彼らが売りであるダークな世界観を阻害しないようになっていて、高水準でまとまっています。
いやあ、あちこちで言われてますけど、アンソニーさんは最高ですよね。依頼達成の景品がもの凄く良いので、あれはスタッフも是非見て欲しかったんでしょう。

とは言え、やっぱり後半の引っ張りには疑問が残ります。特に総集編のようなマップが出てきたと思ったら、その後さらに三つもエリアを行ったり来たりさせられたりするのは……

しかも、後半に入ると、敵の即死攻撃が洒落にならないレベルになってきます。前半余っていたサクリファイズはあっという間に切れ、ハマ・ムド無効装備以外は論外に。さらに、石化については最後まで対策を立てようがないので、運任せの要素はいや増します。

こちらも際限なくパワーアップしていくのでトントンと言った所ですが、何故か主人公は余り強くなりません。正確には、仲魔や敵悪魔の能力上昇が指数的なのに、主人公の武装だけは直線的。要するに、武装のバランスを取り損なったと言う事。しかも、ボスによっては、主人公が特技を使うと警告無く即死させると言う、訳のわからない能力を持っていたりします。

あげく、ラスボスに至っては……
強さとしてはそんなに理不尽ではないはずなのですが、ハマとムドを乱れ撃ってくるので、両方に耐性のない仲魔は使い物になりません。逆に、そこさえ封じる組み合わせを作ってしまえば、あとはランダム攻撃が主人公に集中しない限り安泰です。

ラストダンジョンのウンザリしてくる遠回り強制と言い、どうにも後半は単なる嫌がらせ、プレイ時間増強策にしか思えませんでした。これだけ時間がかかると、他のルートをやる気は起きません。

なお、エンディングはいつものように結構淡泊。この辺のあっさり具合は相変わらずメガテンなので、シナリオの引き延ばしが余計に際だっていたり。

この辺、ファン層もいい加減高齢化しているわけですから、むしろSSのデビルサマナーシリーズくらいの分量が丁度良いのではないかと思います。素材もかなり使い回しなわけですから、それで1年半に1本くらい続編が出るペースなら、コンスタントに購入できるんじゃないかと。

分量が多すぎるなんて言うのは贅沢な悩みだとは思うのですが、前から何度も書いているとおり、プレイ時間はユーザーにとって「プレイのために支払わなければならないコスト」と言う側面がある事も、気にかけて欲しいなと思う次第。

繰り返しますが、面白くてできが良いだけに、気になってしまうと言う奴なのです。
面白いと思っている内に終わってくれないと、全体の印象が悪くなってしまうと言う面もあるわけですし。



その他の女神転生関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。