2009年11月21日

ささめきこと 第7話 「少年少女」 感想


ささめきこと
ささめきこと


前話までの感想はこちら




今週は、アケミちゃんのサービスカットから開始です。
胸はどうなってるんだという突っ込みは、するだけ野暮ってもんでしょうね……

こうして見ると、ポイントゲッターとして、彼女(?)が実に便利なキャラである事が解ります。シリアスに良し、ギャグに良し、画面に華も出る。なんでこんな良いキャラを、原作は五巻であんな風にしちゃったんでしょうね……
アニメ版はどうせそこまで行かないでしょうが、作品の今後が非常に不安だったり。



それにしても、アケミちゃんの妹(小学生)の肉食系っぷりには、戦慄を覚えるわけですが。
サービスカット、なのか、これ?


閑話休題、今回のネタは、アケミちゃんと主人公の練習デートという、ラブコメ鉄板のはずが色々間違っている代物。





恥じらいの表情から着替えにミルク飛び散りまで、お約束を一通りこなすアケミちゃんの芸達者っぷりに乾杯。

女装少女と言う素材が、結局の所少女に「女装」とタグを貼っただけの物だという、身も蓋もない事実も、いい加減頭の中にちらついてくるわけですが……


一応今回の話は、二人がデートしているおかげで、取り残されて寂しい思いをしている風間がキーなんですが、余り目立たず。一応、今後の関係変化への伏線なんですが、もう少しこの話単品でギャグ以外の落ちを加えたほうがよかったかも。





なお今回の作画ですが、おなじみの崩し絵多用に加えて、こう言う手法も出てきています。この辺、省力化の誤魔化し方が上手いですね。さすがこなれてます。



アケミ「実は女の子じゃありませんでした」
オ○テガ「それはそれで……」
ガ○ア「そもそも、こんなに可愛い子が女の子のわけがない!」
マ○シュ「おっぱいなんて飾りです!」

実は、話としては相当グダグダで、ネタのゴリ押しでまとめた感じ。見ていて面白いから、何の問題もないんですけどね。

でも、鳥追さんは冒頭のモブシーンしか出てきてないんですよね。うん、あれは良くないので次回に期待で。



その他のささめきこと関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。