2009年12月03日

BALDR_SKY_DIVE2"RECORDARE" 感想1

BALDRSKY Dive2
BALDRSKY Dive2 "RECORDARE"


今までの、バルドスカイ関連エントリーはこちら


発売日に入手していたにもかかわらず、プレイする時間が思うように取れずにいたバルドスカイの後編の、ファーストインプレッションなど。


実は、現状では不満が渦巻いています。しかしそれは、シナリオの内容や戦闘システムなどが原因ではありません。

10時間近くプレイしたのに、新シナリオがやっと出てきた所なんですよ!

どう言う事か?

なんと、DIVE1からセーブデータを引き継いだ場合、既読/未読判定が吹っ飛んでしまうのです。
つまり、既読スキップ機能が効かなくなります!
色々追加されているはずですから、全文スキップというわけには行きません。ついでに、選択肢の既選択/未選択表示も吹っ飛び、ますます訳がわからなくなっています。
シナリオチャートはそのまま引き継がれるのですが、シナリオ分岐は明確には表示されません。と言うか、表示されているのは、何故かDIVE2の二番目以降のルートへの分岐です。つまり、最初に攻略可能となる亜季ルートに入る箇所は明示されていません。

一応、シナリオチャートに切れ目が目立つができているのですが、他にも選択肢が追加されているらしい箇所の表示があったりで、明確には解りません。それと、運の悪い事に、私は丁度シナリオ分岐部辺りをプレイしていたデータを引き継いだため、チャートの空白を引継バグかと疑ってしまったというのもあります。

でまあ、シナリオも少し忘れつつあった事もあって、思うままに選んで分岐した菜の葉ルートを、途中までやってたわけです。バッドエンド回収はできましたけど、ねえ……

しかも、今回から追加された「記憶遡行」というシステムが、これまた良くありません。
要するに、劇中で断片的に語られる学園生時代の出来事を、カレンダーからの選択で確認できると言うもの。なのですが、これの既読/未読判定が、本編とリンクしません!
だいたい、最初に読める内容が、DIVE1からの新情報はほぼ全くない代物と言う時点で、相当ストレスフル。
記憶遡行から選んだ場合、本編ではスキップされる戦闘を全て操作できるのですが、これもどんな強敵に苦労して勝手もご褒美一つ無く、意味がわかりません。まあ、スキップできるから良いのですが、だったら最初から要らなかったんじゃないかと。単なる情報整理であれば、それこそ遡行シナリオ選択画面に出ているようなダイジェストの説明を、コンフィグ画面から見れるようにすれば良いだけだと思います。

そして、繰り返しますが、既読/未読判定が本編とリンクしないので、全く同じ情報をスキップ無しで読むはめに。さすがに途中から、全文スキップを使っちゃいましたよ。新情報を飛ばしちゃったんじゃないかと、ちょっとドキドキです。

まあ、戦闘は面白いし、小ネタの効き方が一々上手いので、純粋な内容は楽しめてるんですけどね。亜季姉が見せる「偉大な先人」の映画とか、バックグラウンドで流れるナノマシンの歴史とか。(勿論、ノイマンマシンから始まります)

とりあえず、記憶遡行を見ていて、ノイ先生が空と知り合いだったという伏線を思い出せたので、楽しみに進めたいと思います。

でも結局ときメモ4の発売日に突っ込んでしまったので、さらに攻略速度は鈍りそうですが。本当、年末は地獄だぜ!



他のバルドスカイ関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。