2009年12月04日

ときめきメモリアル4 ファーストインプレッション

ときめきメモリアル4
ときめきメモリアル4

待ちに待ったときメモ4です。リアルなどクソ喰らえ!と叫びながら、モニター内にルパンダイブしたくなるほど、待ち焦がれたソフトです。

と言うわけで、夕方に年末ラッシュで賑わう札幌ヨドバシのゲーム売り場に直行。ときメモ4を握りしめて列に並んでいるのが私だけ、という拷問に耐え、買って来ました。

その後、ぶっ続けでプレイし、夜中の1時半くらいにクリアしました。ただし、後述する地雷イベントが発動したせいでプレイ時間が激増しているので、普通にやったら5時間かからないんじゃないかと思います。

具体的なプレイ内容は後述。

まず、システムと雰囲気は、全く旧来のモノと変わっていません。昨今流行りの要素を色々取り入れていますが、画面から伝わる温度は紛れもなくときメモ。15年前卒業したはずのきらめき高校に、「帰ってきた」という感慨があります。
……でも、上級生だけが懐かしいあの制服で、同級生以下は面影のない新制服と言うのは、なんか泣けてくる設定ですね。

新システムですが、服は3やガールズサイドと違って単なるドーピング装備ですし、特技も余り迷う余地はありません。女の子の登場パターンについては色々工夫されていて面白いのですが、旧来の攻略法もきっちり有効で、説明書を読む必要はほぼ無いでしょう。
私も、新システムの手つなぎイベントが起きるまで、ちゃんと読もうとはしませんでした。

システム面における不満は幾つかあるのですが、ほとんどはPSPの仕様なので、まあ良いでしょう。
具体的には、なんで専用ケーブルがないとテレビに繋げないのか、ってのがまず第一。だって、PS3とつなぐと、PS3の画面をPSPに出力する事は出来るんですよ。本当、ソニーの担当者はアホなんでしょうか?どう考えても、逆方向の需要が遙かに大きいでしょうに。
UMDのギーギーうるさい音は、インストールすれば何とかなるのですが、DLコンテンツの個別 ON/OFF 設定ができないのは問題。エンディングの曲入れ替えは、一回見てからにしたいじゃないですか。

あ、PSPをネットに繋げられるなら、とりあえず無料でDLできるOPムービー差し替えは、絶対入れておきましょう。ゲームショウでも違和感バリバリだった、売り出し中のアイドルユニットが歌う変なJPOPが、コテコテのときメモソングに変わります。リアルの臭いのするアイドルグループなんて、お呼びじゃないんですよ!


さて、肝心のファーストプレイ内容ですが、なかなか壮絶な事になりました。
まず私は、事前情報はゲームニュースサイトのヘッドラインの文章程度しか仕入れていませんでした。意図的な情報シャットダウンです。ときメモは、自分で試行錯誤する事が面白さの神髄ですから、作業的攻略などコンプ目的の10週目以降で十分です。
と言うわけで、ヒロインもほとんど把握しない状態ではじめ、とりあえずリアルをなぞって(笑)文系中心に育成。内気眼鏡っ子と見せかけて、怒りが眩しい語堂さんにターゲットを定めます。
しかし、あるキャラに冗談半分で言ったセリフが災いし、洒落にならない状況に追い込まれます。

(↓ネタバレ反転。まだ知らない人は、絶対見ないほうがいいですよ)

女の子の情報取得不可&爆弾情報閲覧不可。一応、爆発直前に警告が入る頻度が上がっているようですが、完璧ではありません。
加えて、当該キャラ「以外」とデートする度に、全員の傷心度上昇という地獄ペナルティが発動するように。「爆弾処理なんて必要ねえんだよ!」と言うセリフには、本気で背筋が凍りました。

(ここまで)


この状況が半年くらい続いた上に、最悪の状況がイベントで解除されたあとも、ペナルティの大部分は残ったままです。
私は、それにめげずに語堂さんにアプローチを続けたのですが、当該キャラの邪魔に対応するために手数を消費し、攻めきれず。
具体的には、爆弾爆発一回とパラメータ増強不十分による受験失敗です。

結果、「(反転)ヤンデレ幼なじみ(ここまで)にストーキングされ続けて受験に失敗しフリーターに。そのまま彼女に振られ、ストーカーに拾われてくっついてなし崩し的なハッピーエンドへ」と言う、バッドエンドよりタチの悪い状況に陥りました。

変なフラグを立ててしまった報い、これ以上ないほどの自業自得なのですが、藤崎詩織にふられたときよりもショックが大きかったです。
少なくとも、あのキャラクターは、方向性は違えど藤崎並に凶悪な存在。本当、下手な冗談は言うもんじゃないです。怖いったら……

とにかく、あるキャラのフラグを立てると難易度が激増する、とだけ警告しておきます。まあ、一回はあれにはまると言うのが、今回のときメモラーの共有体験になりそうですね。勿論、バランス調整としては疑問が大きすぎるのですが。
藤崎とは、違う意味で「ラスボス」です。いや、隠しボスか?

とりあえず、語堂さんも当該キャラも、中途半端ではなくきちんと攻略したいですし、他のキャラでも目移りする人が多かったので、これから何周もプレイするでしょう。

ただ、これだけは完全な改悪なんですが、なんでアルバムモード無いんですか?
いや、エロゲー準拠のCG閲覧モードはあるんですが、プレイ中の記録が再現される、例の「アルバム」モードです。あれは、ときメモの「理想の3年間のメモリアルを作る」と言うコンセプトを体現している、最高のシステムだったのですが。
隠しなんですかね?最後の一枚絵を二分くらい放置しても何も出なかったので、諦めたのですが。



他のときメモ関係エントリーはこちら






同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

この記事へのコメント
10月15日に第九回専門部会が開かれていた模様。
内容は・・・・・・。
ハッキリいって噴飯物です。
第七回専門部会の時と大差ありません。

ttp://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/09_singi/28b9giji.pdf

それともう一つ。
自公が出した児童ポルノ法改正案ですが、閉会中審査となったようです。
継続審査というのはマスコミ用語で、日本の国会の場合閉会中審査というそうです。

会期不継続の原則のもと、会期中に議決されなかった案件は(一部の例外を除き)廃案となる。しかし、会期終了前に継続審議(日本の国会の場合は「閉会中審査」)を議決すれば、会期終了後も廃案とならず、次の会期でも審議・審査が継続となる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%99%E7%B6%9A%E5%AF%A9%E8%AD%B0より引用

自公が出した改正案を廃案にしなかった民主党に少しガッカリ。
まあ、継続審査にしようとしまいと、水面下で動けるのに変わりありません。
民主党に関しては、まあとりあえず様子見でしょうか。警戒促すくらいはした方が良いかもしれませんが。
Posted by K.J at 2009年12月06日 09:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。