2009年12月13日

ときめきメモリアル4 感想その3

ときめきメモリアル4
ときめきメモリアル4


ラスボス様への挑戦は、上級特技が揃ってからにしようと思う次第です。
と言うわけで、色々と試しておりました。

まずは、月一回しかイベントのないヒロイン・ハルちゃんをクリア。その傍ら、前回300近い数値を揃えても攻略できなかった、超難関大学への合格を目指しました。
結果、学問オール350でギリギリ(成功判定は8/10)合格。超難関大学は、本当に超難関みたいです。ラスボス様でも一流大学止まりなのに、この進路の存在意義は一体?

また、上位特技の習得条件は良く解りません。とりあえず、各カテゴリごとに、最高クラスの特技を習得すればいいのかな?
カテゴリ一つを一回のプレイで制覇しても、何も起きませんでしたから。


続いて、バッドエンドを目指してプレイ。本当は、バッドエンドというのはガッカリしてみるべき物だと思うのですが、折角買った差し替えエンディング曲も聴きたかったので。
ですが、勿論それだけでは面白くないので、縛りプレイにしました。
つまり、「都子(一応反転)のイベントを発動させ、彼女を最終形態にした上で、バッドエンドを目指す。あと、爆弾はちゃんと消す」という物です。

経過ですが、彼女に月平均2回弱のアプローチを行った結果、一年目終わり頃には攻略対象に。そして、3月末には第二形態に変化し、悲惨なペナルティが発動。
この時点での登場キャラは星川さんだけに絞ってあったのですが、操作ミスと2年目頭の強制イベントでキャラ増加。爆弾処理はほぼ運任せとなり、悲惨な戦い・泥沼戦線に突入です。

でまあ、結論から言いますと、バッドエンドが見れました。
方法としては、二ヶ月に一回は彼女を呼び出した上で、デートをすっぽかし。○○○さんは毎回返り討ちにし、誘いは全て断ります。ちなみに、爆弾爆発は一回。

しかし、これだけ酷い仕打ちをしても、彼女は誕生日にはプレゼントを持参し、バレンタインは本命。男友達との下校妨害も止まらず、まるでひるんだ様子がありません。と言うか、本当に怖かったんですけど。

メッセージから判断すると、デートすっぽかしは効果が小さいものの、ゼロではないと思われます。
逆に爆弾爆発は「私は”あまり”気にしない」と言っているので、全く影響がないわけではないでしょう。
どうも、最終形態になった段階で、好感度に下限値が設定されているのではないかと思います。または、好感度が低くても行動が変わらないのか。
ともあれ、最終形態になった後も、告白されない事は可能と解ったのは収穫でした。
バッドエンドを見る方がハッピーエンドを見るより難しいというのは、どうしたもんでしょうねえ。さすが、システムに対する反乱キャラは違います。

なお、バッドエンドですが、あまり湿っぽくなく、小林・七河との友情エンドという感じでした。古賀先生も祝福してくれたし(笑)
あの二人と、何かと仲良くしてたからですかねえ?
あ、差し替えたバッドエンドテーマは、非常に良かったですよ。女々しい野郎どものテーマにはやはり適いませんが、男性ボーカルの切なさが、良い味出してます。


その他、気づいたことなど。
3Dカスタム少女もどき 立ち絵閲覧機能中にキャラが喋るセリフは、入学前の所信表明になっています。クリアした後で見ると、結構ニヤニヤできますね。

・戦闘において、運動は攻撃力にしか関与せず。

・今回、クリスマスパーティを三年連続で運動能力で乗り切ると、一作目オマージュのイベント発生。ただし、あの進路に意味があるかは不明。

・余程派手に遊ばない限り、お金はどうやっても余る。困ったら、一学期間「ゲーマー」を習得してデバッグをすれば楽勝に。

・×ボタンでイベントをすっ飛ばしていけば、プレイ時間は4時間を切ります。本命以外のイベントや、聞き飽きた電話での会話などをすっ飛ばすだけでも、大幅短縮。社会人に優しい仕様です。

・各種イベントをサボると、古賀先生が説教してきますが、内容が素晴らしい。と言うか、主人公の言い訳が素敵です。

主人公「だって、ミニゲームが面倒なんです」
古賀「球技大会にはミニゲームはない!」

古賀「体育祭をサボるとはどう言う事だ!」
主人公「だって、これ以上女の子にモテたくないんですよ!ただでさえ大変なのに」

特に後者。本来なら、「俺はこんな事言わない!」となる所ですが、プレーヤーがサボる理由などこれ以外無いので、苦笑しつつ受けいれるしかないわけです。この辺、やっぱりときメモは良くできてます。シンクロ率をズタズタにしてくれたラブプラス(感想はこちら)とは、わけが違いますね。



さて、後は語堂さんの再攻略に挑戦するか、もう一人の隠しキャラに挑戦するか……
ところで、バッドエンドでは勲章がもらえなかった所を見ると、ヒロインは12人居るんですかね。そうなると、隠しキャラはまだ一人いる事になりますね。

この辺、情報を遮断してプレイする楽しさを満喫しておりますよ。まあ、ときメモですしね。



他のときメモ関係エントリーはこちら






同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。