2009年12月26日

お前にはガッカリだ らき☆すた ネットアイドルマイスター感想

らき☆すた ネットアイドル・マイスター
らき☆すた ネットアイドル・マイスター


なんか、書いた事がなかった気がしますが、私はらき☆すたが大好きです。初詣で某神社に「かがみとこなたが同じ大学に行けますように」と書いた絵馬を、奉納してくるくらいには。

だって、あのカップル(!?)最高じゃないですか。あの二人が幸せになれるなら、プランク時間に複数回死ぬくらいしてみせる覚悟ですよ!?


とまあ、キモ自慢はこの辺にして……
アフィリエイト貼り付けておいてナンですが、先日購入したPSPのゲームの感想は、表題通りです。
勿論、「SIR! 消費は義務であります! SIR!」とか、「幸福 購入は義務であります。偉大なる 角川 コンピュータ様」とか言う私のような腐れオタクは別ですが。
でも、そう言う連中は、発売日に迷わず購入して、ヘビーマイン踏んだシュライク型のように、天高く舞い上がってるよね!

と言うわけで、私の愛するらき☆すたの、クリスマス発売のゲームです。PS2のノベルゲーム(らき☆すた ~陵桜学園 桜藤祭)は、未だにAMAZONで限定版が残っているのが信じられないくらいマトモな内容だったんですよ。おかげで、まんまと引っかかってしまいました。
ちなみに、前作については、この辺のプレイデモを見ると、愛される理由が解るかと。ゲーム内容は至って普通ですが、制作者の歪んだ愛がそこかしこに見え隠れしてましたから。


ですが、問題は、今回のゲームです。


ええとですね、こいつは要するに、アイマス+マジアカもどきのお手軽企画です。「経営大変ですね」「四半期末ですものね」とかお悔やみを述べたくなる、そう言うアレです。ですが、ものには限度というものがありまして、ぶっちゃけ酷いできです。

勿論、パソコンゲームと違いますから、起動しないとかグラフィックが抜けてるとかキャラが減ってるとか、そう言う事はありません。
ですが、いかに未完成かは、説明書には載っていない、またはおっそろしくわかりにくい以下の情報を見ていただくだけで解るかと。


・ゲームクリア条件は、「ネットアイドルオーディションを三回クリアする事」です。
・ターン制限もある気もしますが、使い切るのはまず不可能なので、気にしなくて良いです。
・アイテムを次回プレイに引き継ぐ方法は、「ガチャガチャで引き当てる事」
・シンクロ率(これが上がるとゲームオーバー)は、ネットアイドルオーディションに受かると0まで下がります。
・一番重要なミニゲームは御神輿。AP(金)は、これ以外ではほとんど上がりません。
・ボタンを押すタイミングは、「御輿が一番下に来た瞬間」。また、どのボタンを押しても変化はありません。
・「絶対鎧領域」は、「表示されるボタンの順番を憶えて押す」ミニゲーム。インターフェイスが全く同じですが、「グラビア撮影」とは別物。
・キャラが違うとアイテムはまた別に必要。(コスチュームもドラマ脚本も)
・エクステンドでPV撮影が発生した場合、使用済のドラマを選んでもシンクロ率は上がらない。
・そもそもシンクロ率は、200%前後からが危険域。とりあえず、警告が出るまでは放っておいて平気。


とまあ、基本ルールを手探りマインスイーパして行かねばならないという、ファミコン時代のキャラゲーみたいなデザインになっています。って言うか、これバランス調整もマニュアル内容の見直しもやってないですよね?外注会社が途中で夜逃げしたとかなら、情状酌量の余地がないわけではないですが……

また、ゲームデザインの根幹が酷いもの。シンクロ率は馬鹿みたいに上がるわアイテムの入手がランダムだわで徒労感が募り、どのキャラでも同じ内容をやらされて精神がすり減り、出来の悪い&回答が意味不明のクイズゲームに魂を抜かれます。
しかも、これが一々長く、(何故か、自キャラの回答が終わっても、他キャラが全員回答し終わらないと次に行かない。ネトゲにするつもりだったんでしょうかね?)やる気はもの凄い勢いで減退していきました。

他にも、リセット前提のデザインなのに、ロードどころかタイトルバックもなく、電源を切る/HOMEボタンを押すしかやり直す方法が無かったり、既読スキップが遅すぎたり、忍耐力の負荷耐久テストが続きます。超計算力が要求された萌えドリル(DS版のゲーム。あれは本当に酷いので、アフィリエイトすら貼りませんよ)も大概でしたが、何を楽しんで欲しかったんでしょうか?

それにしても勿体ないと思うのは、収録されているデータ量は決して少なくないと言う事。PV用のミニドラマや幕間劇だけでも、結構な分量になるはず。同じデータ量・開発負荷で賞品に仕上げるなら、お手軽ノベルゲームにでもすれば、それなりのものができたんじゃないかと思うんですが。
この辺、結構ガチンコで意欲的な「ゲーム」を作ろうとしているように見えるハルヒとは、気合と予算が違っていて悲しいです。

いやはや、それにしても、ときメモ4・BALDR_SKYと良作ギャルゲーが続いていて、油断していました。まあ、あんまり面白ゲームが続く方が不安になるしね…… などと、いかにもゲームジャンキーらしいたわごとで、締めくくらせてもらいたいと思います。


あ、特典は、しっかり棚に飾ってますけどね!
購入代金は、一足早い賽銭って事で、一つ。あるいは、ファンから角川へのクリスマスプレゼント。







同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

この記事へのコメント
こんにちわ。
これ買うつもりだったんですが、ときメモ4の発表でキャンセルしました。
OPとか良いんですけどね・・・
Posted by すけふじ at 2009年12月28日 16:23
すけふじさん、こんばんは。
ええ、オープニングや中のギャグのセンスは良いんですよ。クイズの解答なんて、ゲーム性を損なってまでネタに走ってますし……

ときメモ4があるのなら、そっちをやり込んだ方が遙かに幸せになれると思います。
何にしても、ファンとしては残念な話です。
Posted by snow-windsnow-wind at 2009年12月28日 21:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。