2010年01月10日

リトルバスターズCE 感想4 美魚編クリア

リトルバスターズ! Converted Edition
リトルバスターズ! Converted Edition


前回までの感想は、こちら


今回のは、特にネタバレ全開です。
ただし、あくまでもリトルバスターズそのもののそれで、CE独自部分(って、そもそもあるの?)についてではありません。シリーズをクリアした事があるなら、何も問題ありません。


やっと野球ゲームの勘所を思いだし、コンスタントに10コンボ以上出せるようになってきました。ですが、そうなるとあっさりキャプテンチームに勝ってしまい、面白くありません。好みにゲームは折角できが良いのですから、もっと楽しめるようにデザインして欲しかった…… それこそ、バルドシリーズにおける戦闘のような扱いにしても、良かったのではないかと思います。

閑話休題、西園美魚ルートです。
このルートは追加要素はほとんどなし。もともと安定した完成度のルートですから、特に必要ないですしね。
最初にやったときには、「要するにONEの焼き直しか」と思った物ですが、真相を知った上で見ると、また違う趣があります。つまり、あのような現象が起きたのは、「あの世界」だからこそなのでしょう。
美魚はリトルバスターズに参加していても、心の深い所で罪悪感を抱え、周囲に溶け込めきれなかった。その心残りが虚構世界でかなえられ、美鳥が現実の存在として現われ、入れ替わる。しかし、それは結局「本当の願い」ではないので、理樹が彼女を受けいれてしまえば、心残りは解消されないまま世界はリセットされざるを得ない。つまり、そう言う話なわけです。
世界の実像が実にくっきり見えてきて、楽しくプレイできています。

さて、実はこの後クドわふた~についての愚痴を書こうと思ったのですが、かなり長くなったので、項を分けたいと思います。明日にはアップできるかと。



その他のKey関係エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。