2010年01月27日

悪いのは貧乏だけ 典型的な虐待死事件



昨年9月『虐待の疑い』 江戸川の小1死亡

昔から有り、今も腐るほど転がっていて、珍しくもない典型的な虐待事件です。

そして、結局の所、この子を救えなかったのは貧乏故です。
勘違いしないで下さい。この子の家庭がどうこう、と言う問題ではありません。問題は、助ける側にこそあるのです。

この事件で学校を責めるのは酷です。担任は忙しい中四回も家庭訪問をしています。
区を責めるのも筋違いです。児相に文書を上げる以上の事が必要と判断するのは難しいですし、現行の体制で、何が出来たわけでもないでしょう。
では、警察が動くべきだったか?しかしそれは、家庭内に警察と言う暴力機構が、土足で踏み入る事を意味します。結果論で安易に「すべきだった」と言うわけにはいきません。

結局の所、こう言う事案を何とかするには、地味で実りの少ない方法を取るしかありません。勿論、何とかする、の意味は「確率を減らす」です。

小学校の先生は、激務です。今回四回の家庭訪問を行った担任は賞賛すべきですが、もっと定期的に訪問していれば、当然この馬鹿親が暴走する確率はへったでしょう。
しかし、それができないは言うまでもありません。権威が低下し雑務が増え、3割が3年以内に退職するような環境では、如何ともしがたいのです。
児童相談所はもっと悲惨です。通報件数も滞留案件もうなぎ登りなのに、厚労省は財務省の出先機関のように予算を削りにかかります。
区役所は…… そもそも、できることなどほとんどありません。専門技術スタッフも居ない組織に「動く」事を求めても、騎兵を戦車に突っ込ませるような悲劇しか起きません。

だから、必要なのはお金です。人間です。時間です。勿論これは、資本主義である我が国においては、全てお金で代替できます。

学校の抱える問題は、教師の数を増やせば解決できます。
児相の問題も然り。旧来の手堅い方法である訪問・相談と言った業務を余裕を持って行えるだけで、効率はいくらでも増やせます。そうでなくとも、例えば残業代が支給されない状況で、時間内では絶対に終わらない作業量を課される職場に、士気を期待できるわけがありません。(実は、福祉現場の場合、そんな環境にも耐えうる人間ばかりになる結果、別方向の問題が出てくるのですがそれは置きます)


では、今まで「子どものため」を旗印に先日も愉快千万な答申案など作ってくれた東京都は、何をしてきたのか?
東京都教育委員会がやってきたのは、「日の丸・君が代」問題のような、はっきり言ってどうでも良い下らない案件で、現場を引っかき回す事でした。予算もつけずに思想対立をばらまき、嫌気が差してベテラン教員の退職は続き、行き着いた先が教師の精神病理由退職率の激増という笑えない現実です。民間と違って身分保障がある、公務員のはずの教師に鬱病が激増すると言う事は、いかに滅茶苦茶かわかろうという物です。
人員は一見増えていますが、ベテランが抜けた後数あわせで新人を入れてもろくな事にならないのはどこも一緒。ついでに、若い先生はなめられやすい、と言う事も事態の悪化に拍車をかけます。
もっと言うと、他の公共セクター同様非常勤化が進んでおり、官製ワーキングプアを生んでいるという問題もあります。勿論これは、組織としての対応能力をすり減らします。

一方政府はと言うと、一見予算を付けていますが内容はこんな感じ。広く薄く、どうでも良い施策に金をまく一方、恒久的に税源を必要とする人員増や体制整備には、全く踏込みません。
あとですね、啓発活動や研修の整備と言う奴は、大体において百害あって一利無しです。(例外もたまにありますが)どこかの企業に中抜きされた下らないポスターの制作や、どこかの天下り団体に丸投げされた誰も見ない啓蒙ビデオ、甚だしくは元担当者を講師とする勉強・講演会なんて言うパターンもあります。


子どもの最貧国・日本
子どもの最貧国・日本


前に何度か紹介したこの本をまた貼りますが、我が国の「子どものため」の施策は、かくも貧弱で悲惨な物なのです。(図書館でも立ち読みでも、一読の価値はあります)
貧困の再生産も高等教育まで含めた教育格差も、この国をろくな方向には導きません。そんな状況下で、何より重要な「子どものため」を自分達の偏狭な価値観を広めるための錦の御旗にする連中こそ、許し難い存在と言えるでしょう。

この辺りに、表現規制に対して反撃を行うための、重要な鍵があるのではないかと思っています。(保坂元議員が、もともと子どもの問題を専門にしてきた人だと言う事も、大きな意味があると思います)





タグ :社会

同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。