2010年01月30日

リトルバスターズCE 感想7 一通り終了

リトルバスターズ! Converted Edition
リトルバスターズ! Converted Edition


前回までの感想は、こちら

ソフト1本にどれだけかかっているんだという感じですが、まだしばらく忙しく、こんな更新ペースが続きそうです。


さて、コンバーテッドエディションですが、追加シナリオをささみ以外全てクリアしました。ささみルートに関しては、WIKIに従っても入れなかったので、もう別にいいやという感じです。

以下、感想。

沙耶ルートは、ミニゲームを含めてなかなかできが良く、話も綺麗にまとまっていますね。ただ、救いは全くないので、(ラストのあれは、昔のKEY系列お約束の「幸せな幻」以外の何者でもないですし)泣きゲーじゃなくて鬱ゲー。あのグランドエンドの後に見せられるのが適切かどうかは、かなり疑問が残ります。「みんながいない」「そんなのはいやだ」で終わった話の後に、これはさすがに……
それと、セーブを上書きしていったら、噂のスクレボエンドは見れなくなりました。そんな所で設定に忠実にしなくても…… その「設定」で考えたら、クリア後限定であのルートに入れる事自体がおかしいわけですから。


佳奈多ルートは、沙耶と同じくループに気付いているのが前提のシナリオ。これも良くできています。ただ、真人と同じくあえて同じ行動を繰り返している彼女のあり方は、シナリオの根幹とは上手くかみ合いません。葉留佳との和解を主眼にするなら、彼女が「日常」を繰り返す意味はありません。一方、彼女自身の問題は、他のヒロイン達と違って、現実でしか絶対に解決できないわけですから。
後、設定的な事を言うと、クラスが違う彼女があの世界に巻き込まれているのは何故かという問題が…… 臨死の世界と言う「強い」設定なら納得できた事も、手を握って看病しているだけでは綻んできます。そもそも、病院に寝ているなら救出後と言う事になり、時間軸も不思議な事に。病院で意識不明の間は、まだ虚構世界が継続していた、と言う事なのでしょうか?色々つじつまを合わせる事はできるでしょうが、無印のスッキリとした説明の付き方から考えると、かなり蛇足を加える事になってしまっています。

後ですねえ、最後のシーンが…… リトルバスターズ全員の共同作戦という、この上ないテーマに沿った内容で、それ自体は絶賛できます。ですが、無印のあのタイミングで終わっていた物語に対し、ループ後の「未来」を描いてしまったのは失敗では?マルチエンドもマルチヒロインも、「あの世界」だからこそ最後につじつまが合い、未来に向けて物語は閉じます。(隠しエンドのTRUEその2は別として)それを、ループ脱出後の世界でマルチな展開を見せられると、あの綺麗な落とし方は何だったのか、と言いたくなってしまいます。

総論としては、やはり、エクスタシーの追加部分は蛇足だったんじゃないかと思うんですよね。
これなら、完全版のような位置づけではなく、アフターストーリー(ズ)として、別のゲーム扱いにした方が良かったと思います。何度も書きますが、リトルバスターズという物語は、無印のエンディングで非常に綺麗に落ちていたわけですから。

まあ、二度目のプレイであるにも関わらず、基本的には楽しめたので、商品としては最低限許せます。ですが、今まで散々書いてきたようなバグ等もあり、普通にパソコン版をやった方が良いと思います。
とりあえず、こんなに力が入っていないのは、REWRITEに注力したため、と信じさせて下さい。お願いします。




その他のKey関係エントリーはこちら






同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。