2010年02月06日

「男の娘」のグラデーションとか


ブームに乗って(?)その手の漫画を読みあさってみたら、頭痛が痛くなって世界が紫色に染まるかと思ったでござる。

とりあえず、以下何となくこんな感じだろうと思った、各描写についてのグラデーション。
右端のロリ漫画はコントロール(対照群)です。
/BLショタふたなり女装ロリ
服装男の子大体女の子女の子女の子
体つき男の子女の子女の子女の子
男性器描かれない?強調強調ぼかす
男の子女の子多し半々女の子


項目について軽く解説。
服装は良いとして、体つきは胸を筋肉(マッチョという意味ではなく)として描くか、脂肪として描くかで分かれますね。ショタはここが絵としてはメインになるようです。
男性器は、ショタとふたなりはアイデンティティのためか強調。ショタが巨根というパターンも多いですね。それは、アイデンティティに齟齬が出るのでは?と思いますが、そう言うもんみたいです。ぶっちゃけ非常にグロく感じるので、この二つは厳しかったです。
面白いのは最後の「心」で、ふたなりはあくまで女の子に生えている、と言う描写パターンに対し、女装は基本が男の子の心と言う描写になります。まあ、結局行動自体の描かれ方は、女の子そのものになることが多いようですが。


さて、これらの特徴が、上記のとおりグラデーションを描いて居るようです。また、「男の娘」と言う言葉が使われる場合、おおむねロリと女装の中間程度の描写みたいですね。

なおサンプルは、左に行くほど少ないです。だって、きついんですよ!前に表現規制に絡めて少し書きましたが、ストライクゾーンに入っていない性描写なんて、グロ画像そのものなわけで。
こうして見ると、許容量の水準に合わせて棲み分けがされてるんでしょう。

と言うわけで、皆さんそれぞれの許容水準に合わせて、楽しい二次元ライフを送って頂ければ幸いです。とりあえず、女装までは結構行けると分かりましたよ!と言うか、最初に書いたとおり「男の娘」はロリと女装の中間のようなので、結構上手いラインを狙っているようです。それって、「ロリから半歩だけ踏み込んだジャンル」と言う事になりますから。怖い物見たさで手を出して貰うための、上手い所をマーケティングしてるように思えます。



ストップ!!ひばりくん! コンプリート・エディション1
ストップ!!ひばりくん! コンプリート・エディション1

何を貼るか迷いましたが、無難に古典など。
これも昔読んだ時は相当キツかった憶えがありますが、今見ると何て事ないですねえ。許容量と言うのも、結構変わる物なわけです。




タグ :漫画

同じカテゴリー(漫画)の記事
 いいSFだなあ/『ほしのうえでめぐる』 第1巻 感想 (2012-05-10 20:00)
 この世界はきっと優しい 紺野キタ「カナシカナシカ」 感想 (2011-11-03 00:30)
 うさぎドロップ(原作) 感想/これは良い少女漫画 (2011-07-23 22:00)
 柳沼行 「群緑の時雨」 1巻感想 (2011-04-17 22:00)
 お、転換に点に入った 「神のみぞ知るセカイ」 9巻感想 (2010-07-17 22:00)
 友達100人できるかな 3巻感想 (2010-06-05 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。