2010年03月01日

『星空のメモリア』 ファーストインプレッション

星空のメモリア
星空のメモリア


エロゲにおける売上と評価の格差 2001~2009年(sixtysevenの日記)で興味を持ったので、プレイしてみました。
口コミで継続売れ続け系は、AMAZONだとあっという間に在庫が尽きてプレミア祭になりますね。札幌は実在店舗が多くてまだマシですが、機会逸失を考えても、DL販売はもう少し普及して欲しい所。
って、なんかブランド潰れたんですか?市場状況は、順調に悪化して、ブランドは吹けば飛びますねえ。良作必ずしも売上に繋がらず…… 月面基地前に、いつ初夏は来るんでしょうか?

閑話休題、ファーストインプレッションです。
内容は、生まれ故郷の町に帰ってきた主人公が、再会を約した女の子そっくりの自称死に神に出会う、昨今珍しい正当派。ちなみに、「正当派」に”2009年にもなって、古式ゆかしいKANONもどき”とか言うルビが見えたとしても、あなたの視野に投影された視覚情報は、多分一種の感覚障害です。私は治し方を知らないので、私に任せられても困りますが。

とりあえず、文章は水準確保。イラストは、立ち絵はそれなりですが一枚絵は割とグダグダ。と言うか、統一感がないのが一番辛い感じですが、背景は丁寧。音楽は、悪くない物のパッチを当てても再生がおかしい箇所有り。まあ、総じてそれなりのレベルです。

一方キャラクターは、立っている物の約一名がうざすぎて辟易。
ただし、あまりにひどいので「千波 うざい」で検索してみたら、対処法が載っていたので解決しました。ちなみに、その方法は「彼女の音声を50%ボリュームダウン」。こうすると、あの鬱陶しいセリフの数々が背景音にしか聞こえなくなり、全く気にならなくなります。(苦笑)
あと、キャラクターの半数が「特徴:人の話を聞かない」(-10CPくらい?)を持っているのが、一番の問題かもしれませんが。私の反応判定に-2くらいの修正が常につく事に……

あとは、主人公が「頭が良い」と言う設定なのに、問題対処能力が皆無というのも、非常に気になります。別に、いつもおなじみ劣等生だけどやる時はやるぜ!系なら問題無いのですが、事態がどう見てもオカルトなのに明らかに無駄な回り道をしたり、迂遠な方法を取り続けるのは……(だって、開始3分で死に神の正体って想像つくじゃないですか!)
あと、展開自体が一々もたつきます。妹関連のバタバタだけで、オープニングムービーまでの1時間以上を引き延ばす進行の遅さと相まって、イライラしてきます。

とりあえず、評判は良いので最後までプレイするつもりですが、これでオチが何のひねりもなく「僕の事、忘れて下さい」だったら、潰れて当然、と言う評価にしかならないと思います。
いや、冗談じゃなく、そのまんまの展開が粛々と展開してるんですよ。


星空のメモリア、感想の続きはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。