2010年03月13日

保坂展人氏、参院比例に擁立決定

保坂展人氏、参院比例へ 社民党都連合(産経新聞)
参院比例に保坂氏=社民都連(時事ドットコム)


前回の衆院選で、社民党の東京ブロックでの善戦を導いた保坂展人氏が、参院比例区で立候補することになりました。時事ドットコムだと社民都連の了解を得ただけのように見えますが、党本部が比例区転出の条件として提示したのが都連の了解だったわけなので、これで比例区擁立決定と言う事になります。
前回社民党は、参院比例区で二人の当選者を出していますので、保坂氏の名前が書かれた投票用紙が社民党内で1位か2位になれば、当選確定となります。一位はまず党首の福島女史でしょうが、衆院選で見せた集票力があれば、保坂氏の当選はあまり危なげ無いと思われます。勿論、我々が投票するのが前提ですが。(3/14 コメント欄での指摘を受け、修正しました)

ただし、「当選が確定だから社民には投票しなくて良い」では、勿論ありません!
前回も書いたとおり、選挙民と候補者の関係は、票と政策の交換です。社民党は、保坂氏はこの問題に関して民主党の枝野議員と並んで取り組み、反対派の急先鋒として活躍してきました。前回の衆院選では落選してしまいましたが、善戦したのはリンクを貼ったエントリーのとおり。

参院比例区は、個人名を書いても政党の票になると言う妙なシステムを採っています。つまり、保坂氏を名簿に載せるのは、その名前が社民への票を増やしてくれることを期待してのことです。

ぶっちゃければこうです。弱小政党である社民党は、他党が論点にしない「表現規制」という問題で、我々の味方をしてくれました。つまり、選挙民である我々に対し、政策と言う商品の納品は、既に済んでいます。
そして、「表現規制への反対」と言う政策・商品に対し、我々がいくらの値を付けるかが、投票行動に他なりません。いくらメールを送っても、手紙で正論を書いても、支払いの少ない相手に商品を納める義理はありません。料金の後払い、つまり投票が、一番重要な行動であることを肝に銘じて下さい。

また、ここでの投票の意味は、社民党と言う弱小政党の議席数にとどまりません。
全国で十万票単位の上乗せが期待できると解れば、他の党も表現規制に対し、慎重にならざるを得ません。それ以外にも、それなりの票数が示されれば、トップの方針転換があっても、社民党や他の規制反対政党は、その看板を下ろせなくなります。

繰り返しますが、保坂元議員を参院で候補者名簿に載せると言う事は、有権者に対するメッセージです。ここで成果が上がらなければ、我々は「口だけはうるさいが、味方してやっても得のないゴクブツシ」になってしまいます。少数派の利益こそ尊重されねばならない、と言う原則は、重要であるが故にまずは自分たちで守らざるを得ません。

この問題にノーと言うために、その力を示すために、できる限り投票して下さい。


P.S.
勿論、他の規制反対を明言する議員さんに投票するのも悪くありません。
しかし、党として反対を掲げ(残念ながら、民主は旧自民と同じく大規模な派閥の集合で、足腰が定まりません)選挙ベタの保坂氏をわざわざ名簿に登載する社民党への投票は、メッセージとして非常に明確になります。
全国各地の反規制派議員が1000票ずつ上乗せされるよりも、保坂氏の名前に10万票の上乗せがある方が、はるかに解りやすいアピールになります。

既に支持政党や支持する候補者が決まっている人は、その信念を貫くのが当然だと思います。
ですが、参院選で反表現規制の立場から投票する場合、どうしたら一番有効かと言えば、保坂氏・社民党に投票することだと言えるでしょう。


なお、保坂氏は今回の東京都の条例についてもアクションを起こしつつあります。特に、御用学者の前田が彼の法務委員会での発言を捏造した事については激怒しており、間違っても、表現規制派におもねることはありません。
東京都条例で「非実在青少年・創作物規制」の動きが加速(保坂展人のどこどこ日記)


(3/17追記)
保坂氏自身のBLOGで、比例区への変更と制度の説明エントリーがアップされました。解りやすくまとまっているので、是非ご覧下さい。
「参議院選挙比例」と「衆議院比例」の制度の違いとは(保坂展人のどこどこ日記)


その他の表現規制関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

この記事へのコメント
すこし誤解があるようなのですが、参議院比例区には名簿順位というのはありません。http://www.yoshinobu-fujiwara.com/hirei/
個人名票の多い順で党内の順位が決まります。この場合いかに「保坂のぶと」と書いてもらうかで2位になるか3位になるか決まります(一位はおそらく鉄板で福島党首になる)。
Posted by ken at 2010年03月13日 23:09
失礼。衆院選と混じってました。訂正しておきます。
Posted by snow-windsnow-wind at 2010年03月14日 00:57
まだ正式に決まっているわけではありませんが、今の状況を察するに保坂氏擁立で間違いないでしょう。

私は(正式に決まり次第)、参院選で個人名「保坂展人」に入れるつもりです。
(これは事前運動にはならないから問題ないはず)

都議会の方は本当にヤバい!!
バリケードで都議会を封鎖でもしない限り阻止できないと思います!!
Posted by slpolient at 2010年03月15日 20:25
補足します。

「バリケードで都議会を封鎖でもしない限り阻止できない」というのは例えで、本当にするわけないですけどね…

確かに、有名漫画家たちも含めて記者会見で反対を表明しましたが、現場で陳情している方によれば、まだまだ反対で固まってはいない模様。このままでは通されてしまうのではないかとのこと。

可決か否決かさえ確定的な情報が無いのが現状なわけですが、危機的な状況であることだけは確かなようです。

余談ですが、それにしても、前田氏の発言を名誉毀損で訴えて勝てるでしょうかね…
Posted by slpolient at 2010年03月15日 22:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。