2010年03月29日

『夏に奏でる僕らの詩』 一応クリア……

夏に奏でる僕らの詩
夏に奏でる僕らの詩

最初の感想は、こちら

え、優佳って攻略対象じゃないの!?
……待て。これ、明らかにシナリオ削っただろ!ちゃんと途中で良い雰囲気になるイベントもあったのに、こんな馬鹿な話があるか!!
ちなみに、この状況だと「おまけ」すら開放されません。泣けますね。

と言うわけで、BLOG主は灰になりました。あんまりだ……
あと、ネタバレが怖くて見ていなかった、公式サイトの「ストーリー」に載ってる各話紹介ですが、本当に全話(少なくとも、バッドエンドは10話で終了)の内容を網羅してしまっているので、見ないが吉です。


完全にやる気が崩壊した今日この頃ですが、以下各論。


パッチが出たから、誤字脱字は結構直っているかも。

いくつかの場面で、音量調整が上手く行っていません。特に、キャラが少し遠くで話しているという演出が暴走気味で、字幕がないと何を言っているのか解りません。

舞台ついてですが、紹介文と矛盾がひどいです。一言で言うと、「どう見ても離島じゃない」。電車の駅、アーケード街、会話の中に「デパート」、化粧タイルで飾られた道などが描かれ、玄関先からは普通に向かいの家が見えています。つまり、本土の町中と同じ描写です。
元々単なる「海辺の町」だったのを、直前に変えたんじゃ?一瞬沖縄本島かとも思いましたが、なるみさんが「島を離れている」という描写が多いので、それはなさそう。

別々の場所・島外出身のはずの優佳が、真夏に向かって「あたしたちが通っていた幼稚園」とか言っているのは、多分単なるミスだと思うんですが……
と思ったら、凄く後の話で、さらっと二人が従姉妹だと表記されてました。あ、それで真夏の水着を「送ってもらった」って言ってたわけですか。でも、キャラ紹介にもそんな事書いてないですよ。ちょっとこの辺の情報漏れは何なのかと。

歌音の歌手になりたかった理由の伏線、見え見えだったとは言え、何のタメもなくぶっちゃけちゃっていいんですか?

で、だから、なんで二度目の大きな「山」も、行き当たりばったりの展開にするんですか!?
展開としては、「てのひらを、たいように」であった、町全体が敵に回る展開と同じ。そして、無策で正面突破と逃走を繰り返す流れも同じ…… ああ、もう、ちょっとは盛り上げ方工夫しましょうよ。色々あるじゃないですか。5人もいるんだから陽動かけるとか、島の反対側から船を出して回り込むとか、偶然任せじゃない見せ方が!

おあつらえ向きの台風も全く利用しようとしないし、(何故か、台風が弱まってから動き出すという展開)演出の意図が読めません。別に、嵐を利用して抜け出し、暴風雨の中、島まで泳ぎ切るという展開で良かったんじゃないかと思うんですが。リアルにやったら死亡フラグですが、あのクライマックスでやるなら、余程のひねくれ者以外本気で突っ込んだりしないでしょう。

でも、土壇場のおじさんが最高に素敵だったので、その辺はまあ許してもいいかなという気分に。科学の徒である考古学者も、昔は子どもだったんです。

一方、この展開が出た段階で予想(期待)した、「神隠しから戻った子どもはどうなるのか?」という話が、すっぽり抜け落ちてるのは何なんでしょうか?ご両親は、飛んできて涙を流したりしないんでしょうか?学校とかどうなるんでしょうか?警察の事情聴取は?流される噂は?その辺の描写が一切無いまま日常に復帰してしまうのは、何のために美味しいネタを仕込んだんだよと言いたくなってきます。
個別ルートで真夏を攻略すれば描写されるかもしれませんが、優佳攻略を試みて玉砕した結果、プレイ続行意欲は既に粉々。まあ、気が向いたらと言う事で……






同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。