2010年04月24日

Angel Beats! 第4話「Day Game」感想

Angel Beats! 1 [Blu-ray]
Angel Beats! 1巻 [Blu-ray]


いままでの感想はこちら


さて、すっかり楽しみなアニメへとクラスチェンジしたエンジェルビーツも四話目です。

とりあえず、ユイがガルデモのボーカルに就任する所から始まりますが、ここでオープニングが変則仕様に。


今までの盛り上がらないライブより、はるかに嬉しい演出です。やっぱり、シーンの善し悪しを決めるのは、絵の綺麗さや動きだけではなく、物語や流れの中でどれだけ印象づけられるかですよね。



もっとも、ロックな(?)フォントや背景と曲調が、決定的に齟齬を来しているわけですが…… まあ、画面デザインと合わせて、ギャグとしてみればそれなりに面白いので良いでしょう。

ところで、天使ちゃんがオープニングからリストラされてしまっているのはどうした物でしょう?ユイでは力不足感否めず。ま、来週になったら当然元通りでしょうけど。


それにしても、このユイの尻尾は、まさしく尻尾型のアクセサリみたいですね。小悪魔、のつもりか貴様?


さて、前半がギャグ担当のメンバー集めで、後半がゲリラ参戦した野球大会という布陣。センター抜きの8人制は、リトルバスターズを思い出させますね。


このシーンとか、特に。

しかし意外だったのが、ユイが連れてきた三人組。一般生徒のはずなのですが、やはりSSSメンバーと区別は付きません。結局「一般生徒」とはなんなんでしょう?



一方、天使ちゃんのこの格好を見た段階で、もうどうでも良いというか、全編ギャグ回なのかと納得しかけましたが、勿論そんなわけもなく……



日向の死因は、麻薬中毒?心残りは甲子園予選のミス。

またヘビーというか、タチの悪い過去が開示されます。そして、流れ的に、心残りを解消して日向が消えていくと見せかけて……



もう一段裏返して、結局ギャグ回で終了。って、これで良いの!?

ただ、結局これでふいになりましたが、天使の目的はSSSメンバーを成仏させる事のようですね。各人のトラウマを的確に把握した上で、相手をしてあげているのでしょうか?



ラスト。エンディングの背景は、人員交代こそ無い物の、少しチェンジ。なるほど、こういう風に使う手もあるわけですか。


ただ今話は、全話と違って大きな物語上の動きもなく、相変わらず「13話しかないのに、こんなんやってて良いの?」という疑問点に回帰してしまった感があります。緩急を付けて一話ごとに展開させていくのかもしれませんが、ちょっと期待外れ。
とりあえず先への興味は失われていないので、来週に期待しましょう。



その他のKey関係エントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。